2012年09月17日

映画『私が、生きる肌』

映画『私が、生きる肌』は、『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『バッド・エデュケーション』などの作品で著名なペドロ・アルモドバル監督の作品だ。

あらすじ(シネマトゥデイより): 最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かることに。それは開発中の人工皮膚を全身にくまなく移植して、被験者を亡き妻へと作り変えてしまうことだった。着々と妻の代役を創造させていくロベルだったが、思いも寄らぬ事態が起こってしまう。

こういう作品にはなかなか出会えない。偏執と狂気に満ちた医師が、何者かを妻に似せた形成外科を行うと聞いただけで怪しさ満点。音楽、演技、衣装どれをとっても見ごたえあり。

誰が被験者になって手術されたのかが中盤までの鑑賞者たちの最大の興味の一つであろう。その誰かがわかった時には、ただただ驚くばかり。亡くなった妻の姿にうり二つにされた被験者と天才外科医に訪れる運命はいかに、といったところか。

テアトル徳山にて観賞

私が、生きる肌 [Blu-ray]

B008PO5S9G

関連商品
マルホランド・ドライブ [Blu-ray]
ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]
裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]
アーティスト コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ドライヴ [Blu-ray]
by G-Tools

By NOV at 2012年09月17日 19:22
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/144

コメント
コメントしてください




保存しますか?