2012年09月27日

映画『ブラック・ブレッド』

映画『ブラック・ブレッド』(原題 Pa Negre)はスペイン最高の映画賞であるゴヤ賞で、作品賞ほか計9部門で受賞したそうだ。スペイン内戦が終わったスペインのカタルーニャ地方で起きたある殺人事件を中心に物語は進んでいく。

あらすじ: 1940年代のカタルーニャ。11歳の少年アンドレウ(フランセスク・コロメール)は、森の奥深くで息絶える幼なじみとその父を目の当たりにする。そのとき、幼なじみが森の洞窟(どうくつ)に潜むとされる羽を持った怪物ピトルリウアの名を口にしたのを耳にする。やがて、警察は事件を殺人と断定し、アンドレウの父ファリオル(ロジェール・カサマジョール)を第一容疑者として挙げる。ファリオルが姿を消し、母親も働かねばならないことから、アンドレウは祖母の家に引き取られることに。そんなある日、森の中で怪物ピトルリウアのように全裸で走り回る青年と遭遇するが……。(シネマトゥデイより)

スペイン内戦については詳しく知らないけれども、以前観た映画『パンズ・ラビリンス』も時代背景がスペイン内戦だった。スペイン内戦はスペイン史上において非常に大きな出来事であったことが『パンズ・ラビリンス』を観た時嫌というほどわかった。そして、この映画『ブラック・ブレッド』においても辛い過酷な時代感がぎっしり。予感通り、見てはいけないものを見せられる作品だ。

そして、主人公である少年アンドレウも見たり聞いてはいけないものをいろいろと通過儀礼のごとく見たり聞いたりしてしまう。とりわけ大好きな父の重大な事実を知ってしまうことになるとき、翳りのない少年の時代は完全に終わるのだ。どうしようもない断絶感だけが残ったな。

登場人物が多く、外国人の名前なのでいろいろとややこしくて内容理解が正直難しかった(リピーター割引があるくらいだからね)。多分3割くらいは理解できなくて、帰ってからネット情報を見て映画の理解を深めた。

サロンシネマにて観賞

ブラック・ブレッド [DVD]

B0090CKO1E

関連商品
白いリボン [DVD]
瞳の奥の秘密 [DVD]
by G-Tools

By NOV at 13:19 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年09月18日

映画『少年と自転車』

映画『少年と自転車』(原題:Le gamin au vélo)は、ダルデンヌ兄弟として知られるベルギー人のジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督による映画作品。監督のお二人は、以前日本を訪問した時に、帰ってこない親を施設で待ち続ける子供の話を聞いて、それを基にして映画『少年と自転車』を制作したそうだ。

あらすじ: 児童相談所に預けられたまま12歳になろうとしていた少年シリル(トマス・ドレ)は、いつか父親を見つけて一緒に暮らしたいと願っていた。ある日、彼は美容院を営むサマンサ(セシル・ドゥ・フランス)と出会い、ごく自然に彼女と共に週末を過ごすようになる。二人は自転車に乗って街を走り回り、ようやくシリルの父親(ジェレミー・レニエ)を捜し出すが……。 (シネマトゥデイより

少年に罪はないのに養育放棄されている。救われて欲しいと観ていてずうっと思ってしまう。母親の姿はなく父が養育を放棄して少年は相談所に預けられたようだ。少年は12歳だが父親の愛を求める姿がとてもつらい。

ひょんなことから少年の週末里親となる美容師のサマンサ。とってもいい人。毅然として格好いいんだ。ダメダメな男が何人か出てくる中、女性の強さを見せてくれる。実は本当の母親なのではないかっていうくらい素晴らしい女性を演じている。

少年とサマンサの間にはいろいろとあったけれども、最後にはほんの少しの光が射したような場面で終わってくれたので少しばかり明るい気持ちで映画館を後にできた。

テアトル徳山にて観賞


少年と自転車 [DVD]
B008EOCZBG

By NOV at 17:44 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年09月17日

映画『私が、生きる肌』

映画『私が、生きる肌』は、『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『バッド・エデュケーション』などの作品で著名なペドロ・アルモドバル監督の作品だ。

あらすじ(シネマトゥデイより): 最愛の妻を亡くして以来、完ぺきな肌の開発研究に打ち込む天才形成外科医のロベル(アントニオ・バンデラス)。あらゆるモラルを打ち捨ててしまった彼は、ある人物を監禁して禁断の実験に取り掛かることに。それは開発中の人工皮膚を全身にくまなく移植して、被験者を亡き妻へと作り変えてしまうことだった。着々と妻の代役を創造させていくロベルだったが、思いも寄らぬ事態が起こってしまう。

こういう作品にはなかなか出会えない。偏執と狂気に満ちた医師が、何者かを妻に似せた形成外科を行うと聞いただけで怪しさ満点。音楽、演技、衣装どれをとっても見ごたえあり。

誰が被験者になって手術されたのかが中盤までの鑑賞者たちの最大の興味の一つであろう。その誰かがわかった時には、ただただ驚くばかり。亡くなった妻の姿にうり二つにされた被験者と天才外科医に訪れる運命はいかに、といったところか。

テアトル徳山にて観賞

私が、生きる肌 [Blu-ray]

B008PO5S9G

関連商品
マルホランド・ドライブ [Blu-ray]
ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]
裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]
アーティスト コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ドライヴ [Blu-ray]
by G-Tools

By NOV at 19:22 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年09月16日

映画『夢売るふたり』

西川美和監督の新作、『夢売るふたり』を観ました。西川美和監督は、私が住んでいる広島市出身の気鋭の若手映画監督です。これまでの作品の脚本はすべて監督自身の手によるものでした、そして今回もこれまで同様オリジナル脚本です。

あらすじなどはこちらの映画『夢売るふたり』公式サイトをご参照。

序盤は小料理屋のシーンからはじまります。臨場感にあふれ、美味しそう。主役のふたりにとって最高の世界が描かれています。

そして、その世界からの転落、世界の再生のために主役のふたりは奮闘?するわけです。浮気をした夫の方は妻のいいなりとなり結婚詐欺を.重ねていくのです。

多くの人物の心の機微が見る者によく伝わってきて、役者を使ってのそのあたりの表現力がずば抜けているなあと改めて思わされました。人間というもののおろかさや素晴らしさが幾層にも重なり表現されていて味わい深いのです。

今回一人で観賞しましたが、結構性的な表現が多いので、カップルで見るには注意が必要かもしれません。

『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』同様、今作も素晴らしい。映像、脚本、演技のどれをとってもいいものを見せてくれました。次回作が待ち遠しいですね。

広島バルト11にて観賞

夢売るふたり 西川美和の世界
文藝春秋

夢売るふたり 西川美和の世界
きのうの神さま (ポプラ文庫 日本文学) その日東京駅五時二十五分発 ゆれる (ポプラ文庫) acteur(アクチュール) 2012年9月号 No.31 シアターガイド 2012年 09月号 [雑誌]
by G-Tools

By NOV at 14:57 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年09月02日

映画『コロンビアーナ』

映画『コロンビアーナ』は、復讐ものです。

幼い頃、コロンビアで両親を殺された少女カトレアが、執念深く十数年後に復讐をする話です。

簡単に言えばストーリーはそれだけ。


主演の女優さんですが、アバターでの主演だった逞しい体つきのゾーイ・サルダナが、熱演しております。

犯人のおびき寄せ方がえらい手間を掛けとります。

大して頭使わずに、俳優のアクションに集中して見られます。

アクションはなかなかの見ものでしたよ。

こういう映画では細かいこと言いません。バリバリドンパチやっていて結構楽しめました。

バルト11にて鑑賞

By NOV at 08:06 | Comments [0] | Trackbacks [0]