2012年07月24日

映画『おおかみこどもの雨と雪』

朝起きて、今日はいつも以上に仕事も頑張って、子供とも関わろうと私は思った。

それは、前日に映画を観に行ったから。『おおかみこどもの雨と雪』は、そんな気力を私に与えてくれた。

この映画は、アニメーション映画で、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』に続く細田守監督の三作目。恋人とのつながりや家族の絆をこれまで鋭く描いてきた監督の三作目ときたら否が応でも期待してしまう。

今作『おおかみこどもの雨と雪』は、おおかみおとこと人間の間に生まれたおおかみこどもの姉弟の成長を描いたもの。

大胆な設定だなと思った。おおかみおとことの間に子供が生まれるってありえない前提にどんな風に物語が成立するのか楽しみに観に行った。

前日のレイトショーの109シネマズ。30人くらいは観客がいたかな。久々の映画なので、映画館にいるだけでも楽しい気分。

ご都合主義の強引なプロットがいくつか気になった。でも、そんなことはどうでもいいかって思う出来の映画だった。

おおかみこどもの雨と雪の母は特殊な子供の親となった責任を精一杯果たそうと並大抵ではない努力をするのだ。まずはおおかみこどもが生まれたとばれてはいけないがため自宅で出産。人目を避ける日々。都会で暮らせなくなると、非常に不便な山奥へ引っ越し自給自足の生活をはじめようとする。

おおかみこどもの雨と雪はおおかみに変身できる特殊な能力を持っている。雨と雪が大きくなっていく過程で、変身できる能力が二人の命運を左右し、それぞれの道を選ぶ。

子供をきちんと育てられない親が、親になりきれていない親が多いと言われる昨今、この映画が公開されたことは素晴らしく、意義深いと勝手に思っている。

子育ては、一瞬一瞬の時の積み重ね。子ども自身が社会的に一人前になるよう育つように導く責任を生まれた瞬間から負う。幼い時はかわいい子供もいつかは大きくなり巣立っていく。映画を観て、そんなことを改めて思わされた。

おおかみこどもの雨と雪@ぴあ映画生活

キネマ旬報増刊 ANIME KINEJUN vol.02「おおかみこどもの雨と雪」大特集

B0083EEH0Y

関連商品
細田守ぴあ (ぴあMOOK)
アニメスタイル001(特別付録『おおかみこどもの雨と雪』設定資料集) (メディアパルムック)
おおかみこどもの雨と雪 オフィシャルブック 花のように
SWITCH Vol.30 No.8 特集:細田守『おおかみこどもの雨と雪』はこの世界を祝福する
おおかみこどもの雨と雪 絵コンテ 細田守 (ANIMESTYLE ARCHIVE)
by G-Tools

By NOV at 2012年07月24日 16:43
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/140

コメント
コメントしてください




保存しますか?