2012年07月13日

救命救急講習

某小学校で救命救急の講習を受講した。

前半は講師による救命救急についてのお話。
季節柄、水難事故の救助についてのお話が多かった。水中で何も持たずに人を助けることは無理とのこと。お兄ちゃんが弟を助けようとして、お兄ちゃんだけ、あるいは2人ともなくなる事例の紹介があった。
兄弟でどちらかが溺れたら、まずは大人を呼ぶように子供には言っておくようにとお話された。で、その大人も丸腰で助けにいくと危ないので、水を少量入れたペットボトルに紐をくくりつけて、それを溺れている者に投げましょうとのこと。
その他、出血時の対応などお話されたあと、マネキンを使って救命救急のCPRとAED使用を実演して下さった。

後半は参加者による実習であった。ちなみに参加者は私以外は皆女性。平日昼間のPTA主催の講習会だから当然といえば当然か。
3人一組でマネキンとAEDを使って人工呼吸、心臓マッサージ、そして除細動の訓練を行った。遠い昔に訓練を受けたことはあったが、だいぶ忘れていた。鼻をつまんで人工呼吸を行わないといけなかったなあ。
実際に、救助者となる機会はなかなかないが、いざという時のためのいい訓練になった。

By NOV at 2012年07月13日 13:28
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/136

コメント
コメントしてください




保存しますか?