2012年07月27日

フルカバー扇風機ネット

暑い夏。扇風機は必需品。先日、一歳二カ月の娘が扇風機に指やらスプーンを突っ込もうとしていました。

これは危ないわということで扇風機にかけるネットを購入。

赤ちゃん本舗でしか売っていないのでしょうかね。なかなかよくできたネットですよ。

どの辺がすぐれものかと言うと、
まず、扇風機の前も後ろもしっかりネットで覆えます。結構、前側だけしっかり覆って後ろはかなり覆えていない製品もあります。
次に、ネットの締め具合を調整する紐が二カ所付属していて、紐の余った部分をネット本体のポケットに収納できる点。
最後に、余計なキャラクターや装飾がないのであまり子供の注意を惹かないところですね。

常に見張っているわけにもいかないので、突然の事故を防ぐためにもこのフルカバー扇風機ネットを買って良かったと思います。

By NOV at 00:38 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年07月24日

映画『おおかみこどもの雨と雪』

朝起きて、今日はいつも以上に仕事も頑張って、子供とも関わろうと私は思った。

それは、前日に映画を観に行ったから。『おおかみこどもの雨と雪』は、そんな気力を私に与えてくれた。

この映画は、アニメーション映画で、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』に続く細田守監督の三作目。恋人とのつながりや家族の絆をこれまで鋭く描いてきた監督の三作目ときたら否が応でも期待してしまう。

今作『おおかみこどもの雨と雪』は、おおかみおとこと人間の間に生まれたおおかみこどもの姉弟の成長を描いたもの。

大胆な設定だなと思った。おおかみおとことの間に子供が生まれるってありえない前提にどんな風に物語が成立するのか楽しみに観に行った。

前日のレイトショーの109シネマズ。30人くらいは観客がいたかな。久々の映画なので、映画館にいるだけでも楽しい気分。

ご都合主義の強引なプロットがいくつか気になった。でも、そんなことはどうでもいいかって思う出来の映画だった。

おおかみこどもの雨と雪の母は特殊な子供の親となった責任を精一杯果たそうと並大抵ではない努力をするのだ。まずはおおかみこどもが生まれたとばれてはいけないがため自宅で出産。人目を避ける日々。都会で暮らせなくなると、非常に不便な山奥へ引っ越し自給自足の生活をはじめようとする。

おおかみこどもの雨と雪はおおかみに変身できる特殊な能力を持っている。雨と雪が大きくなっていく過程で、変身できる能力が二人の命運を左右し、それぞれの道を選ぶ。

子供をきちんと育てられない親が、親になりきれていない親が多いと言われる昨今、この映画が公開されたことは素晴らしく、意義深いと勝手に思っている。

子育ては、一瞬一瞬の時の積み重ね。子ども自身が社会的に一人前になるよう育つように導く責任を生まれた瞬間から負う。幼い時はかわいい子供もいつかは大きくなり巣立っていく。映画を観て、そんなことを改めて思わされた。

おおかみこどもの雨と雪@ぴあ映画生活

キネマ旬報増刊 ANIME KINEJUN vol.02「おおかみこどもの雨と雪」大特集

B0083EEH0Y

関連商品
細田守ぴあ (ぴあMOOK)
アニメスタイル001(特別付録『おおかみこどもの雨と雪』設定資料集) (メディアパルムック)
おおかみこどもの雨と雪 オフィシャルブック 花のように
SWITCH Vol.30 No.8 特集:細田守『おおかみこどもの雨と雪』はこの世界を祝福する
おおかみこどもの雨と雪 絵コンテ 細田守 (ANIMESTYLE ARCHIVE)
by G-Tools

By NOV at 16:43 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年07月22日

miffy ボートうきわ

7月も半分が過ぎ、いよいよ海やプールへお出かけ本番の季節となりましたね。

あまり私は大荷物抱えて海やプールへ行く方ではありません。身軽にしていたいものですから。

しかし、miffyのボートうきわを娘のために買ってしまいました。

B0056FXM54

買った理由。それは今年の一月、タイに行った時のことです。フォーシーズンズバンコクのプールでのある西洋人ファミリーがボート型の浮き輪に1歳か2歳くらいの女の子を乗せて遊ばせていました。それがとても絵になっていて、かわいかったんですね。女の子も楽しそうでした。

すみません。ただ、それだけです。楽しそうなんで買ったわけです。

買ったら説明書に注意書きがいろいろ。
必ず保護者付き添い、目を離さないことや転覆の恐れもあるということが特に目を引きます。
当然といえば当然。絶対に目は離しませんよ。

この夏、水難事故に気をつけて水遊びを楽しみたいものですね。

By NOV at 17:55 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年07月15日

扇風機を注文

わが家には山善の背の低い扇風機が一台あるだけ。
いろいろ扇風機を探している中、まずこの一台を選んだ。

TOSHIBA リビング扇風機 センサー自動運転 リモコン付属 コードリール 110cmハイポジション ホワイト F-LP10(W) F-LP10(W)
B007P8XFJI


特徴
・高さが110センチある。
・周囲の温度、湿度に応じて自動で風力を調整。
・リモコン付き。
・チャイルドロック付。

高さがある点に惹かれた。
また、風量自動調整も良さそう。
高さのある扇風機って最近はよく見かけるようになったけど、以前はあまり家庭用ではなかったような気がする。


それから、もう一台クリップ式扇風機を選択。

以前、電器屋でクリップ式扇風機を探したがなかなか良さそうなものが見つからなかったけどこれなら良さそう。息子の学習コーナーに取りつける予定。
TOSHIBA クリップ扇風機 ホワイト TLF-18CL8(W) TLF-18CL8(W)
B007TH6QBE

中間スイッチ付きで2mのコード長だから取り付けと使用において不便さはなさそう。

この夏を快適に過ごすためにこの二台を買うことにした。

By NOV at 19:41 | Comments [0] | Trackbacks [0]

心の整理

仕事で嫌なことがあった。治療されることを他の歯科医師にお願いという患者が現れた。

大体、年に3~4人くらい私の場合そういう人が現れる。なぜかはわからない。
ただ、限られた時間で精一杯治療している。
30から50代女性に多い。

治療が上手くいかないことよりも結構こういうことの方が落ち込む。歯科医師だって人間だから。

自分はそういう人間なので今更交代ゼロは無理と悟る方がいいのかな。
それとも、何か解決する方法があると考え改善する方が賢いのか。どちらだろう。

By NOV at 06:10 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年07月13日

救命救急講習

某小学校で救命救急の講習を受講した。

前半は講師による救命救急についてのお話。
季節柄、水難事故の救助についてのお話が多かった。水中で何も持たずに人を助けることは無理とのこと。お兄ちゃんが弟を助けようとして、お兄ちゃんだけ、あるいは2人ともなくなる事例の紹介があった。
兄弟でどちらかが溺れたら、まずは大人を呼ぶように子供には言っておくようにとお話された。で、その大人も丸腰で助けにいくと危ないので、水を少量入れたペットボトルに紐をくくりつけて、それを溺れている者に投げましょうとのこと。
その他、出血時の対応などお話されたあと、マネキンを使って救命救急のCPRとAED使用を実演して下さった。

後半は参加者による実習であった。ちなみに参加者は私以外は皆女性。平日昼間のPTA主催の講習会だから当然といえば当然か。
3人一組でマネキンとAEDを使って人工呼吸、心臓マッサージ、そして除細動の訓練を行った。遠い昔に訓練を受けたことはあったが、だいぶ忘れていた。鼻をつまんで人工呼吸を行わないといけなかったなあ。
実際に、救助者となる機会はなかなかないが、いざという時のためのいい訓練になった。

By NOV at 13:28 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年07月05日

ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方

読んでみました。
ドケチ道 ―会社を元気にする「生きたお金」の使い方
という本。

この本を書いた方は、未来工業という会社の創業者の山田昭男さん。

とにかく、この会社は凄いんですね。残業なし。有給取得自由。育児休暇三年可能。
当たり前でしょという方もいるかもしれませんが……、現実には有給は簡単に取れない。

人間が人間らしく働ける場とはどんなところかというひとつの解を見せられた気がします。


By NOV at 02:29 | Comments [0] | Trackbacks [0]