2009年10月02日

映画『サマーウォーズ』

『サマーウォーズ』はアニメーション映画。3年前アニメーション映画『時をかける少女』を鮮烈に世に送り出した細田守監督の作品です。


映画の導入はこんな感じ。

OZという仮想空間が人々の大切なインフラとなっているちょっと近未来が舞台。コンピュータや数学好きな高校生の小磯健二は、夏希先輩に頼まれごとをされる。それは4日間彼女の長野県の田舎へ一緒に行くこと。田舎へ行った健二は20人以上(はいたかな……)もの夏希の親戚に圧倒される。しかも、突然、90歳の彼女の曾祖母の前で婚約者として振舞って欲しいと頼まれる展開に。

その後は、無事に夏希の親戚と平穏に過ごすかと思われる雰囲気であったが、これから急に事態は変わる。そして、世界が破滅するかも知れない危機と戦うことになっていく。


感想ですが、とても面白く強く訴えかけるものがあったと思います。そして、こんな映画みたいな絆のある家族っていいなと改めて思ったし、また、これから自分自身が少しでもそうありたいなと思えました。ご先祖あって私自身があるのだなと改めて思った次第です。

夏希の曾祖母の言った家訓(のようなもの?)によると、一人でいることとお腹をすかせることは悪なんだそうな。確かにそうだと思えました。大げさかもしれませんが、この映画の中の家族から学び取ることが多くあるなと感じました。

また、エンタテインメント性にも溢れているし、夏の風景も良く描けているし、家族のキャラもそれぞれ個性があり、観客を飽きさせることありません。今年観てとても良かった作品の一つとなりました。(2009年9月29日109シネマズ広島で鑑賞)

映画『サマーウォーズ』公式サイト
監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
声の出演:神木隆之介 桜庭ななみ 谷村美月 富司純子
製作年度:2009年
製作国:日本
上映時間:114分

By NOV at 2009年10月02日 01:17
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/132

コメント
コメントしてください




保存しますか?