2007年05月06日

映画『スパイダーマン3』

スパイダーマン3の制作費は、映画史上最高額を更新し3億ドルにも達したそうだ[1]。それだけ巨額の資金を投じてつくられただけあって、見ごたえのある迫力あるシーンがこれでもかといわんばかりにスクリーンに映し出される。こういう映画はやはり大画面で観ないといけないと実感させられてしまう。

前々作、前作に続き、今回も主役のスパイダーマンおよびピーター・パーカー役はトビー・マグワイア。MJことメアリー・ジェーンは、キルスティン・ダンストです。そしてやはり今回もMJはいろいろと災難に遭うので本当かわいそうですね。

ピーター・パーカーは、スパイダーマンとしての自分自身に誇りを持ち、MJとの交際も順調な日々を送っていた。
ある日、父親を殺したのはスパイダーマンと思っているハリーがニューゴブリンとなりピーターを襲う。また、ピーターのおじを殺害した犯人が脱獄し、ある実験施設でサンドマンとなってしまう。サンドマンは悪事を行い。それをピーターは阻止しようとするのであった。
一方、ピーターとしての私生活は、MJと順調だった交際も、あることをきっかけに雲行きが怪しくなってしまう。

今回スパイダーマンが闘うこととなる相手は、本来はピーターの親友でもあるハリーがニューゴブリン、脱獄囚のサンドマンそしてヴェノムと呼ばれる謎の黒い寄生生命体。
映画の予告編などで見ることができた黒いスパイダーマンはヴェノムが寄生した状態でしょう。スパイダーマンはヴェノムに知らず知らずの内に支配されていく。

善悪単純ではないのだ、いろいろ複雑なんだよと今回の作品はそう観客に言葉を投げかけているようだ。ピーターのおばが、ピーターのおじの命を奪った犯人に対して極刑を望んでいないような発言をする場面があることからも伺える。
これは極刑廃止を多くの人が望んでいない日本人にはおそらくちょっと理解しがたいのだけれど、アメリカでは建前でも人々の思考は極刑はなしの方向にあるということでしょうか。

いつもやや苦戦しているスパイダーマンだが、今回もかなり、しかも前よりもスパイダーマンは苦戦する。苦戦の先には多大な犠牲もある。それでも、残った希望を胸に我々はしっかりと生きていくしかないのだと思わせられる。

スパイダーマン3@映画生活

スパイダーマン3
スパイダーマン3

By NOV at 2007年05月06日 14:13
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/114

トラックバック

» スパイダーマン3! from ++Cherish the day++Blog〜思いのままに〜
GWの5/4に夫と映画を見に行って来ました♪ 見た映画は、【スパイダーマン3】! 夫も私もアメコミ系映画が大好きで、スパイダーマンは 1,2共に見たの... [続きを読む]

Tracked on 2007年05月07日 17:03

» 「スパイダーマン3」なんとか着地成功、あの軽やかな跳躍を見よ! from soramove
「スパイダーマン3」★★★☆ トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト主演 サム・ライミ 監督、2007年、アメリカ 本作がシリーズラストだ... [続きを読む]

Tracked on 2007年05月19日 19:42
コメント

NOVさん、こんばんは☆
お久しぶりです!!
スパイダーマン3!
私もGWに夫と一緒に見てきました!

1,2共に見ましたが、私的には今回の3
が一番良かったような気がしました。
皆さんが批評されているように、完結編と
いう事もあり、詰め込みすぎな感はありましたが、
今回のテーマである、「自分の中の悪に
気がついた時、悪と戦い続けられるか?」
という人の心の闇の部分、復讐や憎悪の
気持ちをいかにして乗り越えていくか?
今作は、監督が今まで描いたきたパーカー、MJ、
ハリーの成長と心の部分がよく描かれて
いますよね。

心に残るセリフもとても多かったです。

CGを駆使したアクションシーンも迫力が
あってよかったですが、ストーリーも心に
残るものでした。

3でいちよ完結という事になっているけれど
終わり方的に4があるような気がするのですが(笑)
どう思いますか???

Blog私も記事を書いたので、TBさせて頂きましたm(__)m

Posted by Coo at 2007年05月07日 17:18

こんばんは。お久しぶりです。TBありがとうです。

連休中、スパイダーマン3を観に行かれたのですね。いろいろ詰め込まれていましたが、さすがアメリカって感じのエンタテインメント作品になっていましたね。

「自分の中の悪に気がついた時、悪と戦い続けられるか」…スパイダーマンは戦っていましたね自分自身と。

ところで、オズボーン家の執事さん。ある重要なセリフをハリーに伝えるのですが、「そんな大事なことを今頃…。早くハリーに教えていれば……」と思ったのは私だけではないはず。

3で終わりか4もあるかわかりませんが、4があれば観に行きたいですね。

Posted by NOV at 2007年05月09日 01:44

こんにちは~☆Cooです!!
今日は夏みたいに暑いですね(>_<)

TBありがとうございました☆

うんうん!!オズボーン家の執事さんの言葉。
私もまさにそう思いましたよ!
そんな一番重要な事をもっと早く言えば
よかったのにって(笑)

アメリカらしい作品でなかなか面白かった
ですよね☆
私も4があったら見に行きたいです!!

Posted by Coo at 2007年05月09日 16:31

またメールさせていただきました、
前評判が芳しくなく、あんまし期待しないで観たのですが、
案の定、今年のワースト間違いなしな出来でした。結構評価のいいコメントも見かけるのですが・・・
特にトビーがダンスを披露するのは、
「おい、おい、やめてくれ」とツッコミたくなりましたし、ストーリーや人物描写もどこか強引なのも気になりました。
「死霊のはらわた」を観た時、グロいけど才能があるのを認め、それ以降注目していたのですが、一体どうしちまったんだサム・ライミ?
ピーター同様、メジャー監督の仲間入りになって有頂天になってしまったのか?
スパイダーマンの活躍だけはよかっただけに、残念な出来で終わってしまいました。
それとメイおばさんの「復讐なんて愚かな事」と、ピーターを諭す場面は、イラク戦争への批判と取れてしまいました。どーでもいいけど、サンドマンをあのまま「許す」と、娘の為に銀行強盗を続けるんじゃないのかな。
個人的に面白いと思ったのが、サム・ライミの相棒のブルース・キャンベルが、フランスレストランの支配人で出演。この人芸達者な割に、あんまし映画に出ないなあ。
最後のキルスティンがジャズクラブで、
「♪愛は終わったわ、もう恋に落ちることもないわ」(オリジナルスコアなのかは不明)
と歌う場面で、菊地さんの字幕がなかった。
これ、重要なポイントだと思うのにな。
とりあえず、ライミの次回作に期待したいです。

Posted by モトイ at 2007年06月03日 08:39
コメントしてください




保存しますか?