2007年05月06日

映画『バベル』

『バベル』は、アカデミー賞の候補になった菊地凛子さんの出演ばかりが国内では一人歩きしていた感のある映画ですが、そのTVなどを通した話題ぶりのおかげで連休中の観客の入りはなかなかのものでした。

バベルという題名は、聖書のバベルの塔のお話から来ているのでしょう。神はバベルの塔を建設する人々を見て違う言葉を話させるようにしたのだそうです。バベルの塔を建設していた人達は、違う言葉を話すようになり混乱し散っていたのだとか。

この映画は、4つのストーリーで構成されている。モロッコでライフルを手に入れた家族に訪れる悲劇。モロッコへ観光に来ていたアメリカ人夫婦に起こる惨劇。モロッコへ旅行中の夫婦が母国に残した子供たちと彼らを世話するメキシコ人メイドにも辛いできごとが起こる。そして、日本では母を亡くした聴覚障害の女子高校生が心の闇を抱えている。

4つの話の関連性ですが、モロッコの2つは密接に関連しています。メキシコ人のメイドの話も、アメリカ人夫妻の子供が絡んでいるので、まあ関連はあると言えるでしょう。でもでも、なんか日本の話だけはとって付けたような話で、別に関連性なんてほとんど無いんですよ。こじつけ程度の繋がりしかないと思いました。それゆえ、日本編だけ無理やりくっつけたような印象を抱いてしまうのです。

それぞれの国でそれぞれのいい画は撮れていたと思います。砂漠に生きる民だけが持つ逞しさ、メキシコ人のハレの舞台など特に印象に残っていますね。バベルの塔にちなんで、伝えたいことがうまく伝えられない人達を描いているのですが、皮肉にもこの映画が伝えたいことは、なかなか多くの人には伝わらないのかもしれないと思います。

実は、何を伝えたいのだろう……と思う映画は結構あります。ミニシアター系は特に。誤解を恐れず言えば、私は何を伝えたいのかわかりにくい映画も嫌いではありません。いろいろと思いをめぐらすのは楽しいからです。

では伝えたいことは一体なんでしょう?結局はコミュニケーション不足が招く悲劇でしょうか。ただ、それはライフルを買ったモロッコ人家族には当てはまらない気がしますね。大人の都合で犠牲になる子供を描きたかったのかもしれません。これならなんとか日本のストーリーもそうかもしれないと思えます。ところで、私はモロッコ人の旅行ガイドさんが、ブラッドピットが演じるアメリカ人からお金を渡した時、それを拒んだ高潔さが印象に残っています。

かなりこの『バベル』は話題になったせいか、シネコンで上映されていることは驚きだなと観た後に感じました。日本編の菊地凛子演じる役が、そのキャラクターにちょっといろいろな背景があることは考慮されるべきとしても、ちょっとヘン過ぎるのです。そのため、彼女の役の演出が必然とは感じづらいですね。菊地凛子さんは頑張って役に取り組んだとは思うのですが、これでアカデミー賞はちょっと無理でしょうね。

バベル@映画生活

バベル
バベル

By NOV at 2007年05月06日 01:30
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/113

コメント

はじめまして、
先週、この映画を観たので、ついコメントを書き込みたくなりました。
確かに菊地凛子がアカデミーにノミネートされなければここまで話題にならない作品でしたね。それにすでに、ほとんどの人がコメントしていますが、日本のエピソードが浮いている印象を受けました。でも、1丁の銃が巻き起こす悲劇と、言葉の通じない者同士がかかえる悩みを描いたイニャリトウの狙いは悪くありませんでした。恐らく菊地凛子のパートが、それらのエピソードの凝縮みたいなものだったのでしょう。小学生の頃、道徳の授業に見たテレビ番組のように、観終わった後、あれこれと感想を語り合うにはいいかも知れません。
それにしても、役所と菊地が住んでいるマンションってどこなんだろ?「麻布署」の刑事が来るのだから、六本木付近に住んでいると推測出来る。すると、菊地が渋谷のJ-POPで食事するのも納得がいく。でも、マンションの窓からの景色が隅田川沿い。断定は出来ないが、東京タワーも覗いているので、月島あたりではないだろうか?ちなみに、渋谷で観たのですが、菊地が友達とJ-POPで食事する場面が登場するので、立ち寄ってみたら、残念ながら貸切でした。

Posted by モトイ at 2007年05月13日 22:36

こちらこそ、はじめまして。

日本人にとっては、菊地凛子の役に不快感を示している人も多くいるようです。確かに歯科医院での凛子の役の振る舞いは目に余るものと思いました。私にはわかりませんが、きっと何らかのキリスト教的な背景を知っていると理解できるのかもしれません。

1丁の銃が巻き起こす悲劇や言葉の通じない者同士がかかえる悩みを描くことは確かに悪くないと思います。日本人には、言葉の通じない者同士がかかえる悩みの描き方に違和感がありすぎるのでしょう。

なんとなくタワーマンションが多いエリアなんだろうなと思いながら見ていましたが、月島辺りですかね。すると、麻布署は管轄外ですが、まあ、そこまでこの映画では整合性を取る必要はなかったのかもしれません。

渋谷、J-POP調べました。こんな場所があったんですね。知りませんでした。情報ありがとうございます。

Posted by NOV(管理人) at 2007年05月15日 22:16
コメントしてください




保存しますか?