2006年12月10日

映画『エコール』

きっと幼いころ、自分自身はどこからやって来てどこへ行くん だろうと思ったり、少し先の未来に対して憧れとか 恐れを抱いたりしたんだろう。

大人となった今、幼いころのそんな思いの記憶は、記憶領域の 隅っこに追いやられ、普段は決して思い出すこともない。 この映画『エコール』はそんな記憶を呼び起こし、子どもだったころの世界へと誘う。

出演の少女たちは映画経験のない素人たちだそうで、ダンスの先生役にはマリオン・コティヤール 、生物の先生役にはエレーヌ・ドゥ・フジュロールの2人の女優が起用されている。


ある朝、棺に入った6歳の少女イリスはエコール(学校)へやって来 た。そこは周りを壁で覆われた閉じた森の中の学校の寮の一室。

彼女が何処から来たのか、何故森の中のエコールへ来たの かわからない。ただ、彼女は新入生としてごく自然に受け入れ られる。イリスは、はじめは学校に来る前の世界へ戻ろうと願うが 次第にそれは忘れていくようだ。

そこでは、無邪気な6歳から12歳の少女たちが7人のグループで寮生活をし、 昼間は森の中の学校では、生物やバレエの授業を受ける。


世界の全てがその学校の世界で完結しているみたいだ。 森の中で暮らす少女達は無邪気に可愛らしく生活する。 不思議で、どこか不気味で、奇妙。そんな印象を受ける。

でも、実は今自分達が住んでいる世界と本当はそれほど変わらないのでは。 ましてや小学校時代は多かれ少なかれ少女たちが感じたりしたものと かなり似通っていた気がする。少女たちの無垢な可愛らしさは少なかったかもしれないけれど。


エコール
ゾエ・オークレール フランク・ヴェデキン ルシール・アザリロヴィック
エコール
By NOV at 12:20 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2006年12月01日

映画『ソウ3 saw3』

12月1日は映画の日、ということもあり六本木のTOHOシネマズまで『ソウ3』を観てしまいました。映画好きなら知っている人も多いかな。『ソウ』の続編の続編です。私が『ソウ』を観てから約2年。もう3作目が公開されています。

この作品はかなり描写が肉体的に痛々しくて、この私、実に耐えられないと感じてしまいました。作品の回を重ねるごとに激しくなっています。

『ソウ』は、実にとても面白くエキサイトな作品でした。『ソウ2』は、派手にはなったけどパワーダウンしたかなと思いました。そして、この3作目は、ただバイオレンス的な描写が生々しくなりそれに小難しい道義的な言葉を取って付けたような作品となった感が否めないかな。そりゃあ、あの救いのない暴力的な装置にも実は深く考えるとわけがあるのですが、直感的に「もうだめだわこれ~」と感じてしまい、心の一部は拒否反応を示してしまいます。謎解き度の高かった一番初めの作品が映画として面白かったなあ。

『ソウ』シリーズお得意のギミック。制限時間以内にゲームをクリアしないと死んでしまうというアレ。今回は、クリアしても生き残れないようになっているモノがあります。どうもその辺にもいろいろわけがあるんですね。

前作を二つとも観ていないと内容がよくわからないと思いますので、劇場で観る場合、事前に2作品を観ておく必要があります。

風の噂では、5作目までいくとか。最後にあの人はああなったのに、どうやって作るのか興味深い。あー、もういいやと思いつつ次も観ちゃうんだろうなあ。

「ソウ」シリーズ 全てはこれから↓
SAW ソウ DTSエディション
ジェームズ・ワン ケアリー・エルウェズ ダニー・グローヴァー
B00067HCXU

By NOV at 21:44 | Comments [0] | Trackbacks [2]