2006年06月04日

映画『嫌われ松子の一生』

嫌われ松子の一生』は、『下妻物語』の中島監督の作品である。そういうわけで、きっとはずすことはないだろうと期待して観た。

人生をちょっとした事から踏み外してしまう松子(中谷美紀)という女性が主人公の物語。教師となった松子は、父親の愛に飢えてはいたものの、堅実な人生を送っていた。ところが、生徒の万引き事件をきっかけに人生はあらぬ方向へ転がり落ちていくのである。転がり落ちた後は、女性として運命に翻弄されるばかりで、風俗で働いたりろくでもない男たちと一緒になり報われない人生を送る。

人生の意義とか意味とか悲哀を感じずにはいられないという感じだった。松子は、おそらく典型的なダメ男にしがみ付いてしまう女性であり、どうして松子はそのような人生を送ってしまったのだろうと思うとやりきれない気分になってしまう。

全編を通じて、これでもかというくらい趣向を凝らした視覚的効果やミュージカル的な音楽に満ちていて観客を満足させてくれる。視聴覚的演出がこれくらい凝っていないとただ悲壮感漂うだけの物語にしかならなかったところであるが、エンタテインメントとして見事に楽しませると同時にちょっと人生についてあれこれ考えさせてくれる。

この映画はうろ覚えだけど、確か監督さんが中谷美紀さんに女優をやめてしまえと言ったとかいうことでも話題になっていたかな。しかし、中谷美紀さんはとても大変な役を見事に演じたなあと思う。役作りはとても大変だったのではないだろうか。

いろんな意味でこれくらい出色な作品はなかなかお目にかかれない。はっきり言ってオススメです。それから、これはサントラも買いですよ。

嫌われ松子の歌たち
サントラ 木村カエラ ch feat.B-BANDJ

嫌われ松子の歌たち

関連商品
嫌われ松子の一年
嫌われ松子の曲たち
MUSIC FROM quot;MEMORIES OF MATSUKOquot; -嫌われ松子の音楽- メイキング・オブ 「嫌われ松子の一生」
Golden Tears
嫌われ松子の一生 (上)
by G-Tools

By NOV at 2006年06月04日 12:28
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/100

コメント
コメントしてください




保存しますか?