2005年09月14日

映画『Dear フランキー』

Dear Frankie [Original Motion Picture Soundtrack] 『Dear フランキー』を観に行きました。『Dear フランキー』は母親が息子につき続けた嘘がきっかけで起こるできごとを感動的に描いた作品です。どこか郷愁漂うスコットランドを舞台に、『猟人日記』のエミリー・モーティマー、映画『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラーが機微を巧みに表現した演技を披露しています。

シングルマザーのリジー(エミリー・モーティマー)は、暴力が原因で夫と別れる。リジーは9歳の難聴の息子フランキー(ジャック・マケルホーン)とリジーの母(メアリー・リガンズ)と一緒に逃げ回るように暮らしていた。
リジーはフランキーの父親が船で世界中を回っていると嘘をつき、まだ見ぬ父親にフランキーはせっせと手紙を書いていた。その手紙の返事は父親の振りをしてリジーが書いていた。
フランキーはパパがACCRA号に乗っていると信じていた。ACCRA号はリジーの作った架空の話の船の名前だったが、フランキーはACCRA号が地元に入港することを知る。

暴力夫と別れ、今も怯えるように逃げながら生活するリジー。まだ見ぬパパに憧れや寂しさを感じるフランキー。リジーにとって現実のフランキーの父親は恐怖や嫌悪の対象であったが、皮肉なことにフランキーにとって架空の父親は憧れの対象である。

ACCRA号入港のニュースを聞いて父親に会えると期待している息子フランキー。そんな息子を見てリジーは思い悩んだ末、酒場へ足を運び一日限りの父親役を探すが徒労に終わる。しかし心温かい友人の協力により、過去も未来も現在もない男、ストレンジャーを紹介してもらう。

一日限りの父親を演じる男とフランキー、リジーの三人が出会い、フランキーは無邪気に喜ぶ。フランキーの前ではタフな母親を演じていたリジーも束の間の家族の幸せを感じていた。あまりにも息子と親しいストレンジャーに対してリジーは複雑な感情を抱く。それぞれの登場人物の感情表現がとても現実感あふれる素晴らしいものだった。

港の見えるスコットランドの風景も素敵なものだった。どこか寂しさ漂いながらも変わらぬ懐の温かさを秘めた景色がノスタルジックに感じられた。そして前面に出すぎず心地よいサウンドがとてもこの作品の風景、ストーリーにマッチしている。

ささやかな希望の光を運んでくれるようなこの映画は前向きな力を与える。もし私の母がこの映画を観たらどう思うのだろう。私の母は暴力が原因で元夫から逃げるように別れ、二人の子を連れて新しい生活を始めた。私の母と父はどういう出会いがあったのかさっぱりわからない。(大昔に尋ねたことがあったがはぐらかされたような気がする。)私の父がストレンジャーで、母はリジー的立場だったのかなと思うと更に感慨深いものがある。

僕の秘密は戸棚にはありません。パソコンの中に……。

お気に入り度:★★★★★★★★☆☆(8/10)

『Dear フランキー』公式サイト
『Dear フランキー』を上映している映画館は?
Dear フランキー@映画生活
blogランキングへ

原題:Dear Frankie
監督:ショーナ・オーバック
脚本:アンドレア・ギブ
音楽:アレックス・ヘッフェス
出演:エミリー・モーティマー、ジャック・マケルホーン、メアリー・リガンズ、ジェラルド・バトラー、シャロン・スモール
製作年度:2004年
製作国:イギリス
上映時間:102分


「Dear フランキー」オリジナル・サウンドトラック [国内盤]

「Dear フランキー」オリジナル・サウンドトラック [国内盤]

Dear Frankie オリジナル・サウンドトラック[輸入盤]
Tim Luntzel Josephine Knight Michael Clarke
Dear Frankie オリジナル・サウンドトラック[輸入盤]


Dearフランキー ノベライズ
アンドレア・ギブ 入間 真
Dearフランキー


By NOV at 2005年09月14日 18:00
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/93

トラックバック

» アバウト・ア・ボーイ from 映画鑑賞&グッズ探求記
●『アバウト・ア・ボーイ』  ■お手数ですがよかったらクリックお願いします→人気blogランキングへ■ [続きを読む]

Tracked on 2005年09月29日 23:56

» GEOのオンラインサービス from アフェリエイトで稼ぐ
皆さん、GEOのオンラインサービスを ご存知ですか? ネットで注文して、 返却す [続きを読む]

Tracked on 2005年12月13日 23:49

» Dear フランキー from 映画とはずがたり
エエ話やわぁ〜! すごく評判の高い作品だったので、 ぜひ観たいっ!と思ってたんだけど、 こんなに内容の濃い、感動的な作品だとはっ!!(感涙) 『オペ... [続きを読む]

Tracked on 2006年01月29日 00:33

» Dearフランキー from 銀の森のゴブリン
2004年 イギリス 原題:Dear Frankie 製作:キャロライン・ウッ [続きを読む]

Tracked on 2006年02月09日 01:51
コメント

はじめまして。(=^-^=)
陽菜だよっ。ブログめちゃよかったデツよん♪
そーとーおもろかったよぉ~♪
ヒマポだったら陽菜のとこにも
遊びに来てほしいなぁ☆彡o(^▽^)o キャハハハ
始めてから、そんなにたってないからメッセ友とかもほしいから
よろ~~(*>ω<*)♪♪
http://olhinahina.blog33.fc2.com/

Posted by 陽菜 at 2005年11月22日 18:37

ご無沙汰しております。
ここでのコメントですみません。
映画「ヒナゴン」応援HPの管理人です。
今年いろいろとお世話になりましてありがとうございました。
ヒナゴンDVD発売が決定しまして、来年早々からどんな形でもいいのでDVD上映を応援したいと思っております。

ヒナゴン応援HPの専用バナー、イラスト、アドレスもヒナゴンらしく変わりました。

どうか来年もよろしくお願いいたします。

Posted by みわりん at 2005年12月30日 22:27
コメントしてください




保存しますか?