2005年09月14日

映画『Dear フランキー』

Dear Frankie [Original Motion Picture Soundtrack] 『Dear フランキー』を観に行きました。『Dear フランキー』は母親が息子につき続けた嘘がきっかけで起こるできごとを感動的に描いた作品です。どこか郷愁漂うスコットランドを舞台に、『猟人日記』のエミリー・モーティマー、映画『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラーが機微を巧みに表現した演技を披露しています。

シングルマザーのリジー(エミリー・モーティマー)は、暴力が原因で夫と別れる。リジーは9歳の難聴の息子フランキー(ジャック・マケルホーン)とリジーの母(メアリー・リガンズ)と一緒に逃げ回るように暮らしていた。
リジーはフランキーの父親が船で世界中を回っていると嘘をつき、まだ見ぬ父親にフランキーはせっせと手紙を書いていた。その手紙の返事は父親の振りをしてリジーが書いていた。
フランキーはパパがACCRA号に乗っていると信じていた。ACCRA号はリジーの作った架空の話の船の名前だったが、フランキーはACCRA号が地元に入港することを知る。

暴力夫と別れ、今も怯えるように逃げながら生活するリジー。まだ見ぬパパに憧れや寂しさを感じるフランキー。リジーにとって現実のフランキーの父親は恐怖や嫌悪の対象であったが、皮肉なことにフランキーにとって架空の父親は憧れの対象である。

ACCRA号入港のニュースを聞いて父親に会えると期待している息子フランキー。そんな息子を見てリジーは思い悩んだ末、酒場へ足を運び一日限りの父親役を探すが徒労に終わる。しかし心温かい友人の協力により、過去も未来も現在もない男、ストレンジャーを紹介してもらう。

一日限りの父親を演じる男とフランキー、リジーの三人が出会い、フランキーは無邪気に喜ぶ。フランキーの前ではタフな母親を演じていたリジーも束の間の家族の幸せを感じていた。あまりにも息子と親しいストレンジャーに対してリジーは複雑な感情を抱く。それぞれの登場人物の感情表現がとても現実感あふれる素晴らしいものだった。

港の見えるスコットランドの風景も素敵なものだった。どこか寂しさ漂いながらも変わらぬ懐の温かさを秘めた景色がノスタルジックに感じられた。そして前面に出すぎず心地よいサウンドがとてもこの作品の風景、ストーリーにマッチしている。

ささやかな希望の光を運んでくれるようなこの映画は前向きな力を与える。もし私の母がこの映画を観たらどう思うのだろう。私の母は暴力が原因で元夫から逃げるように別れ、二人の子を連れて新しい生活を始めた。私の母と父はどういう出会いがあったのかさっぱりわからない。(大昔に尋ねたことがあったがはぐらかされたような気がする。)私の父がストレンジャーで、母はリジー的立場だったのかなと思うと更に感慨深いものがある。

僕の秘密は戸棚にはありません。パソコンの中に……。

お気に入り度:★★★★★★★★☆☆(8/10)

『Dear フランキー』公式サイト
『Dear フランキー』を上映している映画館は?
Dear フランキー@映画生活
blogランキングへ

原題:Dear Frankie
監督:ショーナ・オーバック
脚本:アンドレア・ギブ
音楽:アレックス・ヘッフェス
出演:エミリー・モーティマー、ジャック・マケルホーン、メアリー・リガンズ、ジェラルド・バトラー、シャロン・スモール
製作年度:2004年
製作国:イギリス
上映時間:102分


「Dear フランキー」オリジナル・サウンドトラック [国内盤]

「Dear フランキー」オリジナル・サウンドトラック [国内盤]

Dear Frankie オリジナル・サウンドトラック[輸入盤]
Tim Luntzel Josephine Knight Michael Clarke
Dear Frankie オリジナル・サウンドトラック[輸入盤]


Dearフランキー ノベライズ
アンドレア・ギブ 入間 真
Dearフランキー


By NOV at 18:00 | Comments [2] | Trackbacks [4]

2005年09月04日

映画『奥さまは魔女』

アメリカのテレビドラマ「奥さまは魔女」をモチーフにした映画です。オリジナルのドラマはちょっとしか見たことないのですが、魔女が人間界にやってきて普通の男性と結婚して生活を送るというお話ですね。主役の魔女役にはニコール・キッドマン。シリアスな役からコミカルな役まで結構いろいろ演じます。

この映画は単純に「奥さまは魔女」のリメイクバージョンなのかといったらちょっとひねりがあります。映画の世界の中で、実際に「奥さまは魔女」のテレビドラマをリメイクを制作する話になり、その魔女役オーディションを本当の魔女であるイザベル(ニコール・キッドマン)が受けるというお話になっています。劇中劇のような作りになっていたり、ドラマのメイキングっぽいシーンがあったりするのでテレビドラマ「奥さまは魔女」とは趣の異なる仕上がりではないでしょうか。

この映画にのめり込めるかどうかのとても重要なポイントとして、ニコールの相手役となる俳優ウィル・フェレルが挙げられるかと。残念ながら私はあまり俳優としての魅力を彼には感じられなかったです。ニコールが恋する相手には思えないんです。顔も性格も。映画の世界でも彼は俳優役をやっているのですが、その世界でも評判はサッパリなところが皮肉っぽく感じられました。

うーん、結局のところ、この映画はニコールを観るためだけの映画と言ってしまってもいいですかね? きっと奥さまネタが好きな人なら私よりは満足するのではないでしょうか。ニコールはいい。でも、やっぱりウィル・フェレルがちょっといかんです。

お気に入り度:★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

『奥さまは魔女』公式サイト
『奥さまは魔女』を上映している映画館は?
blogランキングへ

原題:Bewitched
監督:ノーラ・エフロン
脚本:ノーラ・エフロン、デリア・エフロン、アダム・マッケイ
音楽:ジョージ・フェントン
出演:ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル、シャーリー・マクレーン、マイケル・ケイン、ジェイソン・シュワルツマン
製作年度:2005年
製作国:アメリカ
上映時間:103分


奥さまは魔女 サウンドトラック [国内盤]
Bewitched    サウンドトラック [輸入盤]
Bewitched サウンドトラック

By NOV at 23:45 | Comments [0] | Trackbacks [17]

2005年09月03日

映画『容疑者 室井慎次』

「踊る大捜査線」の脇を固める登場人物を主人公にした映画第二弾。第一弾の「交渉人 真下正義」に続く第二弾の『容疑者 室井慎次』では室井慎次(柳葉敏郎)が主人公。

まあ一般的に映画は商業的なものなので、観客動員を気にしないわけにはいきません。この映画はちょっと観客をナメた映画かなあと思わざるを得なかったです。

良い流れとしては、面白い映画を作って観客を一杯動員しようというものです。ところが、この踊る大捜査線関連映画の場合は、完成度が高かろうが低かろうがかなり観客動員が見込めるためかどうかわかりませんが、テキトーに作ってまあそこそこ観客が入ればいいという好ましくない態度が根底にあるように思えました。

内容にある程度触れています。ネタバレ的なこともあるので未見の方はご注意を! 

ある警察官が殺人を犯した疑いで取り調べ中、彼は走って逃げます。そして逃走中トラックに衝突し死んでしまうのです。強引な取調べが一人の警察官の死を招いたということで室井慎次は逮捕されてしまいます。

ちょっと妙で強引な導入ではありましたが、それでも室井慎次はこれからどうなるんだと思わせてくれます。でも、だんだんと焦点がぼやけてつまらなくなっていきました。

もっと詳しく描写すべきもの、例えば、警察庁と警視庁のせめぎあいとか容疑者室井慎次を救う活動状況などを描かず、その一方、やたら不気味でリアリティに欠けると思われる弁護士集団の描写はなんか勘違い気味に濃すぎる描写で気持ち悪かったですね。弁護士界に詳しくないけれど、なんかウソっぽく感じました。それから、歌舞伎町周辺の警察署ってあんな感じなのでしょうか。不思議に思いました。

いろいろと不満な点もあったため登場人物がそれぞれ抱えていた重い過去にもあまり入り込めなかったですね。上手くすればドラマに深みを持たせることができたのに。残念です。

ラストにかけて、田中麗奈扮する駆け出し弁護士がようやく活躍するのかと思ったら、犯人側のゲーマー弁護士が自滅しただけで脱力してしまいました。そりゃないでしょって感じです。妙に狂っているキーとなる女性もラストであんなセリフを吐いては観客が唖然としちゃいますね。そういうキャラクターとはいえ室井慎次はほとんどしかめっ面で言うべきことを主張しないし。とにかくいろいろと観客を苛立たせます。

製作者側に言いたい事は、「一度勇気を捨ててしまうと二度とそれは取り戻せない(劇中のセリフ)」。しかし、ぜひ取り戻していい作品を作って欲しいです。

お気に入り度:★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

『容疑者 室井慎次』公式サイト
『容疑者 室井慎次』を上映している映画館は?
blogランキングへ

監督:君塚良一
脚本:君塚良一
音楽:松本晃彦
出演:柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人
製作年度:2005年
製作国:日本
上映時間:117分


By NOV at 11:34 | Comments [0] | Trackbacks [13]