2005年08月30日

映画『恋する神父』

日本での題名は『恋する神父』ですが、実際は、「恋する神学生」といったところでしょうか。この映画ではクォン・サンウが神学生のギュシク役に挑みます。ちなみに原題の신부수업(シンブスオブ)が意味するところは神父(新婦)授業だとか。新婦と神父が同音意義なところがポイントのようです。そのため、例の映画ポスターは神学生のクォン・サンウとキュートな花嫁姿のハ・ジウォンが写っているわけです。
・参考:http://abbiemay.exblog.jp/3044136/
welcome to abbie may's cafe

ギュシクは1カ月後に聖職授任式を控えていた。そんな頃にアメリカ帰りの若い娘ボンヒ(ハ・ジウォン)と出会い、気付いたらお互い恋に落ちていたというような話です。しかし神父となる者は生涯独身を貫かなければならず、女性と恋愛などということはとても考えられません。そんな彼は罪の意識を背負い思い悩む。

特に驚くようなストーリーではないけれど、実際にこの映画を神学生が観たらどうなんだろう。その世界の人たちから見ればこの話はとても驚くような内容なのかもしれないなあって少しばかり思った。

これまで映画では不良じみた役柄の多い気がするクォン・サンウですが、今回の神学生役もなかなか似合っていたと思います。信仰に生きる青年の純粋さがよく出ていました。

バンヒ役のハ・ジウォン。ちょっとお転婆なキャラですが、だんだんとかわいさがアップしていくんですね。彼女のキュートさにはっとさせられました。まるで自分自身が神学生ギュシクになった気分。でも、しゃべりというか声の調子なんかはキム・ハヌルっぽいなあ……。

ギュシクの持っているロケットペンダントが展開上ちょっと重要なアイテムになっています。みなさんもああいうふうにロケットペンダントを使ってみてはいかがでしょうか。もうひとつのアイテムというか、まあ、これはセリフなんですが、「デオ・グラシアス」という語も重要でしたね。ところで、ボンヒの付き合っている男性や彼のもうひとりの彼女の描き方がちょっと浅いかなと思いました。

神学生の生活風景や教会の様子はこだわりを持って製作されているようです。恥ずかしながら最近牧師と神父の違いがわかった私にとって目新しいものでした。

この映画の結末に関していろいろな意見があると思うけれど、僕はなんだか受け入れがたい気持ちと、それでいいんだよという気持ち、両方混ざって何だかすっきりしない気分になってしまいました。一時の気持ちが長年の人生設計をスポイルしてしまうかもしれないという場面は誰にでもあると思います。僕の感じたこういう不快感は妙に現実的でした。

お気に入り度:★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

『恋する神父』公式サイト
『恋する神父』を上映している映画館は?
恋する神父@映画生活
blogランキングへ

原題:신부수업
監督:ホ・インム
脚本:ユン・ウンギョン、ホ・インム
音楽:スルヴィアン
出演:クォン・サンウ、ハ・ジウォン、キム・イングォン、キム・インムン、キム・ソンファ
製作年度:2004年
製作国:韓国
上映時間:108分


映画『恋する神父』の関連商品の紹介

「恋する神父」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
♪この音楽お掃除の時にどう?
なんとこのサントラには映画名場面集クリップ映像DVDが付いているそうです。
「恋する神父」オリジナル・サウンドトラック

韓国盤のオリジナルサウンドトラックもあります。
韓国盤にはDVDは付いていません。


By NOV at 2005年08月30日 23:55
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/88

トラックバック

» 恋する神父 06年26本目 from 猫姫じゃ
恋する神父 そんなに期待していた訳じゃないんだケド、その通でした。大好きな韓流コメディーなんだケド、あたしのツボは、ちょっとはずれていました。 結構おもしろ... [続きを読む]

Tracked on 2006年02月10日 20:28

» クォン・サンウ『恋する神父/神父修行』 from honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
『恋する神父』公式サイト:http://www.love-shinpu.com/原題:신부수업 神父... [続きを読む]

Tracked on 2006年02月15日 06:38
コメント
コメントしてください




保存しますか?