2005年08月24日

映画『マルチュク青春通り』

TVドラマ『天国の階段』有名な人気俳優クォン・サンウの主演映画。そういうわけなのか観客は9割方が女性でした。映画そのものは450万人もの観客を本国では動員したというだけあってなかなか本格的な青春活劇です。

当時を生きた監督の反省的な姿勢がこの映画には反映しているという。ナイーブな少年だった監督は、高校時代怖いもの知らずでマッチョな男になった。しかしそれが本当の男ということなのかという疑問が映画製作の動機の一つになったようだ。また当時軍事政権下にあった教育体制に対する批判も込められている。


この物語の主役はクォン・サンウ演じる高校二年生のヒョンス。1978年、母が地価高騰を見込み新しい家に引っ越しをしてから、ヒョンスはマルチュク通りの近くにある男子校に転校することになる。そこはガラの悪い生徒ばかりの実に荒れた学校。教師は威圧的で、生徒への苛烈な体罰は日常茶飯事だった。

ブルース・リーに憧れる内気なヒョンスはそんな過酷な環境の中でも、友達を見つけたり、恋をしたり、ケンカをしたりと彼なりの青春を送るのだ。


僕はこの映画を観て、この高校って凄くコワイなあって思った。みんなマジで殴ったり蹴ったりで凄いケンカをする。また、軍事政権下の当時、教師の方は強権的で事あるごとにいきなり暴力を生徒に加える。「韓国の教育、クソくらえ」に相応しい教師ばかりだ。こんな高校では亀田兄弟くらいウデに覚えがないと生きていけそうにない。

ストーリーの線としては、学校内の生徒の権力抗争とヒョンスの恋愛がメインかな。ヒョンスは友達がまだいないころバスケットボールを上手くキメてウシク(イ・ジョンジン)と仲良くなる。彼は校内での一勢力のボスであり、風紀委員のジョンフンと勢力を争っていた。また、ヒョンスはバスの中で美少女に一目惚れをする。その相手は高校三年生のウンジュ(ハン・ガイン)だ。しかしウンジュはウシクと付き合い始めてしまう。

決して戻ることのできない懐かしくて思い出すと恥ずかしいような時代がある人ならなんか共感するものはあるんじゃないのかなあ。要領よく青春時代をくぐり抜けたような人はそうでもないかもしれない。僕はあんまり器用に生きたほうじゃないから主人公のヒョンスの気持ちはなんかわかるなあ。あんなに荒れた高校でもなかったしあそこまで暴力的な先生はいなかったけど。この時代はマッチョでなくても強がっていないと生きていけそうにない。

ヒョンスがウンジュを連れて逃げるところがいい。ああいうのに青春のエッセンスが凝縮されていると言ってもいいかな。ケンカはかなり派手にやってくれるので、かなりの見どころでもあるけどそういうのがイヤな人には見たくない場面かもしれない。また、当時の韓国の若者文化を垣間見ることができるのも面白い。エンディングは時代の流れを感じさせる。過ぎ去った時間を懐かしむような余韻に浸りながら劇場を後にした。

お気に入り度:★★★★★★★☆☆☆(7/10)

『マルチュク青春通り』公式サイト
『マルチュク青春通り』を上映している映画館は?
blogランキングへ

原題:말죽거리 잔혹사
監督:ユ・ハ
脚本:ユ・ハ
音楽:キム・ジュンソク
出演:クォン・サンウ、イ・ジョンジン、ハン・ガイン、イ・ジョンヒョク、パク・ヒョジュン
製作年度:2004年
製作国:韓国
上映時間:118分


サウンドトラックあります

マルチュク青春通り オリジナル・サウンドトラック
心を癒してくれるような懐かしいギターサウンド、あのころの行き場のない気持ちを表現したようなラップ、そしてクォン・サンウのソロも入っています。
マルチュク青春通り オリジナル・サウンドトラック


By NOV at 2005年08月24日 08:34
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/87

トラックバック

» マルチュク青春通り from 泥海ニ爆ゼル
9月に入ってまず観てきたのは・・・ 「マルチュク青春通り」 前回に観たときの主演、クォン・サンウが高校生を演じます。2年生で転校してきたヒョンス(ク... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月05日 12:27

» マルチュク青春通り from ネタバレ映画館
 ブルース・リーへのオマージュがあるだけで評価が上がる・・・この性格をなんとかしなければ!  70年代は日本もブルース・リーに憧れる若者が多かった。韓国だって... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月07日 12:03

» 「マルチュク青春通り」熱い感情の爆発意が気持ちいい from soramove
「マルチュク青春通り」★★★★ クォン・サンウ、イ・ジョンジン主演 ブルース・リーに憧れる 硬派な高校生が主人公。 彼は通学バスの中で ひと目... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月07日 23:11

» マルチュク青春通り from ★☆★ Cinema Diary ★☆★
鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : シネマスコーレ   本日1本目は「マルチュク青春通り」です。 9月10日は「チャーリ... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月11日 13:10

» DVD「マルチュク青春通り」 from ☆ 163の映画の感想 ☆
男子校ってこんなに暴力的なの?? いつも喧嘩ばかりで現実味がチョット無いけど、高校生のときの友達との関係や淡い恋愛などは懐かしい感じがしました。ただ、この映画... [続きを読む]

Tracked on 2005年12月31日 02:38

» NO.133「マルチュク青春通り」(韓国/ユ・ハ監督) from サーカスな日々
マルチュク通りのクォン・サンウのように、 僕たちも深夜放送とブルース・リーだった。 韓国に軍事政権が登場したのは1962年にあたる。ユ・ハ監督は、そのころ、1... [続きを読む]

Tracked on 2006年03月11日 16:08
コメント
コメントしてください




保存しますか?