2005年08月06日

映画『ヒトラー ~最期の12日間~』

広島の原爆投下から60周年の今日、『ヒトラー ~最期の12日間~』を見た。広島では今日が上映初日で、100席ほどのサロンシネマは観客で一杯。この映画に対する関心の高さに比べて、上映映画館が少なすぎるのではないだろうか。

この映画の監督は『es』のオリヴァー・ヒルシューゲル。『es』では人々の心理面を怖いくらいに描いていた。監督は妻から『ヒトラー ~最期の12日間~』の監督をすることは反対だと言われていたようだ。ドイツ人にとってこのテーマを扱うことの困難さがうかがえるエピソードだ。

ちょっと特筆すべきことは、ベルリンの市街地場面の撮影はロシアのサンクトペテルブルクで行なわれたことである。1941年ドイツ軍の封鎖により100万人とも言われる死者を出した街。当時はレニングラードと呼ばれていたその街で撮影が行なわれた理由は、皮肉にも当時のドイツ人が多く関わった建築物が多い街並みだったからだそうだ。エキストラには多数のロシア人が参加している。

映画はヒトラーの女性秘書トラウドゥル・ユンゲ(アレクサンドラ・マリア・ララ)の視線から、ヒトラーが最期を迎える12日間がメインに描かれる。実はこのようにヒトラーに直接スポットを当てた作品は初めてという。しかも戦争当事国のドイツ自らこのような作品に挑んだ。

ブルーノ・ガンツが演じるヒトラーには驚かされた。ヒトラーの本物を見たことなんてないし本物の写真とは頬のあたりが特に違うけれど、なぜかこれはそっくりだと思ってしまう。威圧的な抑揚ある喋り方、独特なジェスチャーなどあまりにもイメージ通りで、目の前に本物のヒトラーがいると思わせられたことは不思議な体験である。

この映画を見て僕自身の世界史の知識の薄さを思い知らされたことも収穫の一つだ。ヒトラーの側近について何も知らなかった。映画では何人かのヒトラーの側近たちの行動や心理も描いている。最後まで徹底抗戦を唱える者や戦後を見越して降伏を画策する者が登場する。終戦間近の混乱が垣間見ることができる。

ドイツの敗戦は世界の終わりと信じていた人たちの行動は痛ましいものだった。特にゲッペルス夫人(コリンナ・ハルフォーフ)のそれは言葉にならないくらい衝撃的。夫人は6人の子どもたちを睡眠薬で眠らせたあと毒殺する。子どもの人権なんて当時の世界にはない。その後ゲッペルス夫妻は拳銃で死を遂げる。

ヒトラーの愛人エヴァ・ブラウン*1(ユリアーネ・ケーラー)についても描かれている。エヴァの妹の夫がヒトラーの命令により殺されたけれども、その後エヴァはヒトラーと結婚している。18年間の愛人生活に終わりを告げようやく結婚したエヴァの満足そうな表情が印象的だった。史実では「可哀そうなアドルフ、彼は世界中に裏切られたけれど私だけはそばにいてあげたい」と語ったという。*2

地下要塞内部の様子だけでなくベルリン市街での市民の様子も描かれている。年端のいかない少年や少女達が徹底抗戦の構えをみせる。戦争の反対を唱えるものは戦争賛成者から制裁を受ける。日本の戦争中も大なり小なりこれと似たような状況だったのだと思わせられる。

この映画で描かれているヒトラーはホロコーストでユダヤ人の大量虐殺を実行した恐ろしい人物ではなく、最後の余力で無謀な作戦を立て追い詰められていく悲哀に満ちた男という感じだ。次々に発覚する部下の裏切り。組織は崩壊寸前。最後は自分の遺体の処理の仕方まで部下に伝える。

最後の場面でユンゲは戦争で生き残った少年と自転車に一緒に乗る。ちょっととって付けたようなシーンだったけれど、ちょっと疲れた心の僕には一時の安らぎでもあった。希望の片鱗を感じさせるシーンだ。なんかこれとよく似た場面他の映画でも見たような気が……。

戦争の仕掛け人が戦争を仕掛けようとし、人の心の中にも潜む狂気を利用する者のよって戦争は促進される。戦争になりそうになった時、一人一人の自制心と勇気が試されるなと思った。平和とか戦争とかそう簡単なことがらじゃないなとは思うけど、やはり平和が一番だと僕は思う。

登場人物がかなり入り乱れ、印象の薄い人もいて細部にわたり話を一度で把握するのは難しいかもしれません。時間軸として、ヒトラーが最期の12日間とそれからドイツが降伏を受け入れるまでの数日間が描かれています。とにかく一見の価値ありです。この快作をぜひご覧になっていただきたいと思います。

*1 一般にはエヴァ・ブラウンと言われるのでそう表記した。ドイツ語ではエーファ・ブラウンの音に近い。
*2 アドルフ・ヒトラー - Wikipediaの愛人の段落より引用。

お気に入り度:★★★★★★★★☆☆(8/10)

『ヒトラー ~最期の12日間~』公式サイト
『ヒトラー ~最期の12日間~』を上映している映画館は?
blogランキングへ

原題:Der Untergang
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
原作:ヨアヒム・フェスト、トラウドゥル・ユンゲ
脚本:ベルント・アイヒンガー
音楽:ステファン・ツァハリアス
出演:ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ラーラ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン、コリンナ・ハルフォーフ
製作年度:2004年
製作国:ドイツ/イタリア
上映時間:155分


By NOV at 2005年08月06日 23:41
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/84

トラックバック

» ヒトラー 最後の12日間 from Saturday In The Park
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演:ブルーノ・ガンツ     アレクサンドラ・マリア・ラーラ     ユリアーネ・ケーラー     トーマス・... [続きを読む]

Tracked on 2005年08月07日 23:03

» 日本三景制覇 from the borderland
私が中学生ぐらいまでは夏休みに家族旅行に行っていました。 神戸から1泊ないし2泊でいけるところなんだけど、小学生の時には安芸の宮島に行って、「日本三景」の1つ... [続きを読む]

Tracked on 2005年08月16日 22:53

» ヒトラー最後の12日間 from It's a Wonderful Life
とても見応えのある力作です。 でも観終わった後、あれ?これって「スターウォーズ」シリーズで言うと 「ジェダイの帰還」、つまり最後の「エピソード6」だ... [続きを読む]

Tracked on 2005年08月29日 19:21

» ヒトラー from ザクとは違うのよね
 なんか最近映画ばっかり観てるな。昨日は「ヒトラー」を観た。2週間で5本。こんなに短期間で集中してみたのは初めてだ。  さて、中身はというと、大戦の末期、ナチ... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月04日 00:53

» ヒトラー 最期の12日間 from 泥海ニ爆ゼル
「ヒトラー 最期の12日間」 敗戦直前のヒトラーを描いた作品。今まで表舞台ではナチスドイツの傲然たる独裁者として描写されていたが、本作品では1人の人間とし... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月21日 01:46

» 『ヒトラー最期の12日間』あるいは歴史の狂気ということ from 再出発日記
『ヒトラー最期の12日間』ヨアヒム・フェスト著 鈴木直訳 岩波書店映画『ヒトラー最期の12日間』にはヒトラーの二つの印象的な台詞がある。幹部が『若者が次々に死ん... [続きを読む]

Tracked on 2005年10月16日 08:41

» 私たちが此処にいる「ヒトラー〜最期の12日間〜」 from 再出発日記
「(悲惨な目にあっている)国民には涙しない。彼らが選んだのだ。自業自得だ。」最後の最後で国民のことをこう言ってのけ冷静な判断はおそろしいほど出来ずドイツ帝国の地... [続きを読む]

Tracked on 2005年10月16日 08:42

» ヒトラー 最後の12日間 from White Screen Life
第77回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。 史上最悪の独裁者、怪物アドル... [続きを読む]

Tracked on 2005年10月25日 17:56

» 映画『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面 from ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録
以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『... [続きを読む]

Tracked on 2005年11月30日 21:27

» ヒトラー最期の12日 from Happy happy tea time
 2日連続で、帰ったら日付が変わる直前でした。 いくら忙しい時期とはいえ、恐ろしくキツいです。  さて、もう2日前になりますが、ようやく「ヒトラー最期の... [続きを読む]

Tracked on 2006年01月30日 07:51

» ヒトラー 最期の12日間 from 銀の森のゴブリン
2004年 ドイツ 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 原題:DER UNTE [続きを読む]

Tracked on 2006年02月05日 21:31

» ヒトラー ~最期の12日間~ from 欧風
この週末はそんなに用事もなく(あ、そこ、いつもヒマでしょ、とか言わない)、観たい映画がいくつかあったので、観ようかな〓と思ってました。超メジャーな作品だとどこの... [続きを読む]

Tracked on 2006年02月07日 06:39

» オリバー・ツイスト from 腐ってもあやぽ
(\'A`)<さすがに一日4つの記事のレヴューは疲れる 映画サービスデープラスレディースデーの2月1日に見に行きました。今日書いた記事の中で一番見たのが古... [続きを読む]

Tracked on 2006年02月09日 02:39

» ヒトラー〜最期の12日間〜 from 腐ってもあやぽ
(\'A`)<1記事1作品のレヴューにすることにした 見たかった作品を上げた中でもう一つ良かった作品は [続きを読む]

Tracked on 2006年02月09日 07:11
コメント

NOVさん、こんばんは☆
お久しぶりです!!毎日暑いけど、お元気に過ごされていますか~??

この映画、前に特集か何かをテレビでやっているのを見て、とても興味深い映画だと思いました。
実は、先日NHKで「アウシュビッツ収容所」に関する特集を4日間連続でやっていて、夫と全編を見ました。
胸が締め付けられるような思いで、見終わった後に夫と一言も会話をできませんでした。
「ライフイズビューティフル」という映画を見た時も、見終わった後に友人と30分ぐらいショックで会話ができなかったのですが、
今回もそういう気持ちになりました。

ヒトラーという人物の最後の12日間を描いたこの映画は、ヒトラーの秘書というまた違った視点で描かれていると聞いて、
この映画はいつか見てみたいなと思いました。

Posted by Coo at 2005年08月22日 01:10

Cooさん、こんにちは。
最近、少し涼しくなってきました。

基本的に日本人はあまりナチスドイツについて知らない傾向にある(知っている人はかなり知っていたりするけれど)と思うので多くの人に見て欲しいなと思います。うまく言えないけど圧倒的な映画でした。ヒトラーの側近的人物しか知りえないことが映画になっていてより彼の人物像に迫ったと言えると思います。

『ライフ・イズ・ビューティフル』(ラ・ヴィータ・エ・ベッラ)で30分くらいショックでしたらこれもまたそれ以上に衝撃的な作品と思います。
ライフ・イズ・ビューティフルは好きな映画です。最後は悲しいけれど印象的な映画でした。ロベルト・ベニーニの名作ですね。

Posted by NOV(管理人) at 2005年08月24日 13:24

こんにちは。
この作品は今年数ある見た作品の中でNO.2に位置します。
特に、あの幹部たちの行動に現代の没落しつつある会社の幹部たちの姿を見るようで、(そういう状況に嫌気をさしてつい最近やめたばかりなので)痛ましくて仕方なかったのです。
映画を観た感想と、本を読んだ感想。ふたつTBさせてください。

Posted by KUMA0504 at 2005年10月16日 08:40
コメントしてください




保存しますか?