2005年07月18日

映画『彼女を信じないでください』

映画『彼女を信じないでください』は、キム・ハヌル主演の奇妙なラブコメディ。刑務所を出所したばかりの女詐欺師、ヨンジュ(キム・ハヌル)は、素朴で真面目な薬剤師、ヒチョル(カン・ドンウォン)を痴漢と間違え大騒ぎ。車内でしばらくすると、ヒチョルは恋人へのプロポーズに用意した指輪を見知らぬ男に掏(す)られてしまう。列車を降り、ヨンジュはその指輪を見事に取り戻したが、姉への結婚祝いの贈り物の雁の木工芸品が入ったカバンを列車に置き去りにしてしまう。大切なカバンを探しにヨンジュは、ヨンガンにあるヒチョルの家を訪ねる。ヨンジュはなぜかヒチョルの恋人のふりをしてしまうことになる。

主演女優のキム・ハヌル。刑務所を出所したばかりの女詐欺師役の演技が冴え渡ります。ヨンジュはヒチョルの恋人ではないのに、ヒチョルの親戚一同に恋人のフリをしてしまう一連の流れが面白い。特に、あの病院でのエピソードは抱腹絶倒ものでした。そして、ヨンジュはヒチョルの婚約者として受け入れられてしまいます。
一方、ヨンジュがヒチョルの婚約者という扱いを受けていることにヒチョルは驚きます。ヒチョルは必死でヨンジュの言うことを否定するのに、家族は誰一人信じてくれません。信じてくれないばかりか、ケダモノ扱いまで受けることに。

この作品は、キム・ハヌルとカン・ドンウォンのラブコメディということではありますが、ちょっとひねりが利いています。カン・ドンウォン演じるヒチョルにはチェウン(ナム・サンミ)というプロポーズをしようとした恋人がすでにいることです。一体、この辺をどうクリアして、刑務所を出所したばかりのヨンジュと純朴な青年ヒチョルとのありえないカップルがどうでき上がるのかが見物でしたが、とても上手く構成されていたと思います。
そして、単なる二人のラブコメディの枠に収まらず、田舎の地縁や血縁、ヨンジュの姉の結婚などでストーリーにいい具合に幅をもたせています。私にとって意外にも面白くそしてちょっぴり感動できるラブコメディでした。
Mr.唐辛子にはなりたくないなあ……。あれは本当に辛そうだ。
(2005年7月15日サロンシネマで鑑賞)

お気に入り度:★★★★★★★☆☆☆(7/10)

『彼女を信じないでください』公式サイト
『彼女を信じないでください』を上映している映画館は?
blogランキングへ

監督:ペ・ヒョンジュン
脚本:チェ・ヒデ 、パク・ヨンソン
音楽:チョ・ヨンウク
出演:カン・ドンウォン、キム・ハヌル、ソン・ジェホ、キム・ジヨン、イ・ヨンウン
製作年度:2004年
製作国::韓国
上映時間:115分


映画『彼女を信じないでください』関連商品

彼女を信じないでください サントラ
デラ・リーズ キム・ハヌル
このサントラ、アマゾンカスタマーレビューによると、劇中カン・ドンウォンが歌う『Aubrey』も収録されています。残念ながら、Mr.唐辛子の大会の時の曲は入っていないようです。
彼女を信じないでください  サントラ

彼女を信じないでください 文庫本
入間 真
彼女を信じないでください 文庫本


By NOV at 2005年07月18日 08:41
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/76

コメント
コメントしてください




保存しますか?