2005年07月14日

映画『マゴニア』

『マゴニア』公式サイト
『マゴニア』を上映している映画館は?
blogランキングへ

マゴニアとはヨーロッパに古くから伝わる想像上の世界。映画『マゴニア』は、船乗りの父親が、マゴニアでの3つの物語を息子に語って聞かせる三話形式のオムニバス映画となっています。

最初のお話は、「師の歌を奪った青年」。モスクのあるイスラムの街が舞台です。師と青年と師に仕える女性を中心に物語は進行する。
この話では、なんといっても師の歌を奪った青年の歌に驚きました。何を歌っているのかはさっぱりわからないのですが、あれほど宗教的な精神にみなぎる力で心にしみる歌を歌うところをはじめてみました。異国情緒にあふれていて美しい画面を見せてくれます。この章が一番「マゴニア」という雰囲気に溢れているように私は思いました。

次のお話は、「砂漠の孤島に訪れた夫婦」。白人夫婦の乗る自動車が故障して、彼らは砂漠の一軒家に立ち寄る。そこには年老いた黒人と彼の息子が住んでいた。
先進的な文明とプリミティブな文明の出会いを例えたようなお話でした。そのどちらが良いとか悪いとかそういうことが表現されているわけではなく、互いに何か惹かれているといった雰囲気で物事が描かれています。

3つ目のお話は、「恋人の迎えを待つ女」。風が吹き、陰鬱な曇り空の港町、今日もヨセは、船乗りのラムジーを待っていた。そして、船の設計士の若者はヨセに思いを寄せている。
3つ目のお話の世界は、今までの世界よりずっと現実的で俗っぽいものでした。ヨセのような女性も現実にいそうな気がしました。酒場のぶてっとした店主がとてもいやらしいキャラだったので一体マゴニアって何が何だかわからなくなり混乱しました。地上からこんな世界へ果たして行きたいと思うのでしょうか。

エピローグです。その日、息子はいつものように父と会おうとしましたが会えません。息子は、父といつも別れていた門をくぐりました。そこの敷地にある病院あるいは療養所みたいな場所へ入ります。
このエピローグで3つの物語の世界がまとまります。そのようにまとまっていくのはいいのですが、あのラストは一体何を意味するのか未だによくわかりません。なんであんなひどいラストなんだろう。帆船の形をした凧が宙に舞うまでは良かったのに……。最後、なんだかぶち壊された気分になってしまいました。3つの話の中では、「師の歌を奪った青年」がよかったですね。詩的な美しさを感じました。あー、でもやっぱり、ラストが……です。この思い、わかってくれる人いるでしょうか。(2005年6月27日シネツイン1で鑑賞)
お気に入り度:★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)

監督:イネケ・スミツ
原作:アルチュール・ジャピン
脚本:アルチュール・ジャピン
出演:ウィレム・フォーフト、ディルク・ローフトホーフト、ラムゼイ・ナスル、ナト・ムルバニゼ、ノダル・ムガロブリシヴィリ
製作年度:2001年
製作国:オランダ
上映時間:112分


By NOV at 2005年07月14日 00:15
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/74

トラックバック

» ブログをさがそう from ブログ更新ステーション(映画)
お気に入りの映画ブログみつけてくださいこのブログは、映画のことを書いているブログから記事をRSSで収集して作成しています。ブログの更新をチェックしてお気に入りみ... [続きを読む]

Tracked on 2005年07月14日 13:05

» オムニバス映画 from 奈良発ブログ 言葉のコレクション 
はじめまして。トラックバック失礼致します。 キーワード検索「オムニバス映画」から参りました。 マゴニア、面白そうな映画ですね♪ オムニバスは乗り物のバスの... [続きを読む]

Tracked on 2005年07月18日 12:17

» マゴニア from チラシコレクション (た〜わ)
表「夢見る心は、消えない −父と過ごした 幸せな日々 ふたりで語り合った 天空の地 それが、みんなの希望になっていく−」 裏「父が教えてくれたこと−その国の名は... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月17日 05:09

» Gahanna real estate from Gahanna real estate
Perhaps this info about Gahanna will be interesting for you [続きを読む]

Tracked on 2005年11月28日 07:10

» マゴニア from 銀の森のゴブリン
2001年 オランダ 監督:イネケ・スミツ プロデューサー:ヴァレリー・スハイト [続きを読む]

Tracked on 2005年12月11日 13:12
コメント
コメントしてください




保存しますか?