2005年05月28日

映画『ザ・インタープリター』

『ザ・インタープリター』公式サイト
『ザ・インタープリター』を上映している映画館は?
ザ・インタープリター@映画生活
blogランキングへ

The Interpreter 『ザ・インタープリター』はニコール・キッドマン扮する国連職員の通訳者(インタープリター)が偶然耳にした暗殺計画がきっかけで起こる事件を描いた社会派サスペンス映画です。ニューヨークの国際連合本部が初めて映画撮影に協力。大統領暗殺の陰謀をたくらむのは一体誰なのかわからないスリリングな展開をみせながら、国際連合の存在意義やアフリカの政治的混迷について考えさせられる作品です。

ニューヨークの国際連合本部では多くの通訳者が職員として働いている。シルヴィア(ニコール・キッドマン)もその中の一人だ。ある日、シルヴィアが忘れ物を取りに職場の一室に戻る。ヘッドホンから流れる音声に気付いたシルヴィアはその音声を聞く。ところが驚くことにその話し声はアフリカのマトボ共和国(架空の国)のズワーニ大統領(アール・キャメロン)の暗殺計画の会話だった。

『ザ・インタープリター』という題名はこの映画の主役シルヴィアの職業が通訳ということからきています。ニコール・キッドマンが国連で働く通訳者のシルヴィアを演じています。私がニコール・キッドマンの出演映画を見るのは『ドッグ・ヴィル』以来です。相変わらずキレイなのですが、今回のニコール・キッドマンはメガネを掛けた才女的香りを漂わせています。

暗殺計画を耳にしたというシルヴィアをシークレット・サービスのケリー(ショーン・ペン)はそのことを疑い、また、何かを隠しているとにらみます。妻を事故で失った悲しみを背負ったケリーはシルヴィアを探ると同時に暗殺計画の捜査も行います。

シルヴィアとケリーの関係は当初、刑事と被疑者のような関係でしたのでお互いの心の間には大きな川が流れているようなものでしたが、次第に全容が明らかになるにしたがって変わっていく二人の心の距離も変化していきます。その変化に着目するのもこの作品の楽しみの一つかもしれません。

登場人物の顔の識別が不完全だった私はストーリーの理解で苦労しました。鑑賞した後、「多分あいつがあれで、あれをして……」と頭の中で整理しました。とりわけ黒人の識別に苦労したという話も聞きます。また、黒人の出演者以外にもしっかり認識しておくべき人物がいるので顔と職業をしっかり覚えてみるようにするといいと思います。謎解き的な部分ではそれほど複雑なわけではないので人物認識に苦労しなければ大丈夫だと思います。

多くの日本人にとって国連やアフリカ情勢(架空の国ではあるのですがモデルがあるのだと思います。)といった事柄は実感に乏しいものですが、この映画は国際連合やアフリカについて以前よりも関心を持たせてくれる教育的意義のある作品でもあります。(2005年5月24日ワーナー・マイカル・シネマズ広島で鑑賞)

原題:The Interpreter
監督:シドニー・ポラック
脚本:チャールズ・ランドルフ、スコット・フランク、スティーヴン・ザイリアン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ニコール・キッドマン、ショーン・ペン、キャサリン・キーナー
製作年度:2005年
製作国:アメリカ
上映時間:118分


映画『ザ・インタープリター』のDVD、サウンドトラックや本など、関連商品の紹介

ザ・インタープリター DVD
ザ・インタープリター

ザ・インタープリター 文庫本
デイヴィッド・ジェイコブズ
ザ・インタープリター


サウンドトラック『ザ・インタープリター』 国内盤
オリジナル・サウンドトラック『ザ・インタープリター』

The Interpreter [Original Motion Picture Soundtrack]
James Newton Howard Pete Anthony Hollywood Studio Symphony Kirsten Braten-Berg
The Interpreter [Original Motion Picture Soundtrack]
こちらは『ザ・インタープリター』のサウンドトラックの輸入盤です。

By NOV at 2005年05月28日 22:38
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/40

トラックバック

» 「ザ・インタープリター」 from the borderland
上映前に「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンというのをやっていて、今まで許可されなかったのに、初めて国連本部で撮影されたというのが映画を見て判ったような... [続きを読む]

Tracked on 2005年06月02日 22:54

» ザ・インタープリター from befounddead
THE INTERPRETER (2005年アメリカ) 2005/6/8@某シネコン 週末公開が楽しみな『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』の前夜祭... [続きを読む]

Tracked on 2005年06月09日 19:54

» ザ・インタープリター from 映画大好き!
久しぶりに見る二コール・キッドマンが化粧もどぎつくなくてすごく綺麗でした。それに背がむっちゃ高い!あらためてびっくりです。 [続きを読む]

Tracked on 2005年06月15日 17:04

» 『ザ・インタープリター』 from ぺぺのつぶやき
2005年 米 118分 監督 シドニー・ポラック 出演 ニコール・キッドマン、ショーン・ペン、キャサリン・キーナー 「ザ・インタープリター」公式サイ... [続きを読む]

Tracked on 2005年06月16日 19:07

» ◆◆「ザ・インタープリター」観て来ました◆◆ from ★★かずくんままのマネー&映画日記 名古屋ポケパーク行ってきました★★
懸賞で当たった「ザ・インタープリター」を観て来ました。 他の用とあわせて観にいったのでTOHOシネマズで初めての映画鑑賞。 通常料金でプレミアスク... [続きを読む]

Tracked on 2005年06月17日 22:40

» ザ・インタープリター 今年の191本目 from 猫姫じゃ
ザ・インタープリター インタープリターと言えば、インタープリター言語という発想なのですが、おかしいですか?? あはは、、 てことで、コンピューター、ハッカー... [続きを読む]

Tracked on 2005年09月25日 21:29

» ザ・インタープリター from cinema note+
2005年 イギリス 重厚な [続きを読む]

Tracked on 2005年10月03日 01:11
コメント

二コール・キッドマンがすごく綺麗でしたね。シルヴィアは単独犯なのか誰かと組んでいたのか、最初から意図していたのかどうか、いまだにわかりません・・・。。(^^;)

Posted by よしえもん at 2005年06月15日 17:02

***よしえもんさんへ***

以下ネタバレあるので未見の人はご注意!

多分、シルヴィアは犯行の首謀者らとは直接関係はないと思いますよ。
暗殺はズワーニ大統領側の自作自演ですから。

Posted by NOV at 2005年06月17日 00:58
コメントしてください




保存しますか?