2005年04月27日

映画『ホワイト・ライズ』

『ホワイト・ライズ』公式サイト
『ホワイト・ライズ』を上映している映画館は?

ホワイト・ライズ 『ホワイト・ライズ』は白銀の冬景色のシカゴを舞台に繰り広げられるミステリアスなラブストーリー。『パール・ハーバー』のジョシュ・ハートネット、『トロイ』出演のダイアン・クルーガーやローズ・バーンが出演しています。また、この映画『ホワイト・ライズ』はフランス映画『アパートメント』をオリジナルにリメイクされた作品です。

ニューヨークで成功を収めたビジネスマンのマシュー(ジョシュ.ハートネット)は、ニューヨークから故郷のシカゴに戻っていた。マシューは結婚を控えた婚約者のレベッカ(ジェシカ・パレ)と共に、レストランで食事をしていた。そんな時、マシューは電話ボックスの前で2年前突然姿を消してしまった昔の恋人の姿を目撃する。かつての恋人リサ(ダイアン.クルーガー)の後ろ姿がそこにはあった。レストランの電話ボックスに残されたホテルのキーを手がかりにマシューはかつての恋人を追い求めるのだが……。

映画はミステリアスでスリリングな展開をみせてきます。元恋人のリサを追い求めるマシューは必死でリサを探すもののリサは現れず、リサと名乗る元恋人とは別の女(ローズ・バーン)が登場。その女はマシューを自分の物にしようとします。元恋人と同名のリサやマシューの友人ルーク(マシュー・リラード)を交えながらのかつての恋人をめぐる物語は予測不能な面白さにあふれています。さてマシューはリサに逢えるのでしょうかといった展開です。それから、映画にはいろいろな嘘が出てきますが、はじめは何が本当で何が嘘かわからなくて混乱しそうでした。

元恋人と同名のミステリアスなリサ、マシューのエキセントリックで憎めない友人ルーク、そして美しい元恋人リサとその恋人を追い求めるマシューの四人それぞれの恋の行方に胸を締め付けらそうな思いがします。また、オリジナルの『アパートメント』も観て比べてみたいと思いました。ロマンチックなだけでなくミステリアスでスリリングでどろどろとした恋愛映画を観てみたい人にはオススメかなと思います。

余談ですが、映画『ホワイト・ライズ』のもともとの題名は『Wicker Park(ウィッカー・パーク)』。シカゴの地名が原題のようですが、日本向けには名前がホワイト・ライズと変更されています。ホワイト・ライズはおそらくwhite liesということで罪の無い嘘とかたわいのない嘘といった意味ですね。でもこの映画『ホワイト・ライズ』に出てくる嘘をたわいの無いものと呼ぶにはちょっとひどいですね。ホワイトと雪景色からいいイメージにつながるので付けられた題名のような気がします。

ちょっとここからネタバレです。
最後はそれぞれに喜びあるいは悲しみとなる結末となりましたが、マシューの婚約者はかわいそうですね。中国出張もすっぽかし婚約者の兄の顔もつぶしたのできっとマシューはあの後クビになるか干されるような気がします。この映画のオリジナルが出来たころは携帯電話全盛の時代ではなかったので『ホワイト・ライズ』があり得たのでしょう。今のインフラ状況を背景にするとこの映画は成立しにくいでしょうね。(2005年4月22日サロンシネマで鑑賞)

ホワイト・ライズ@映画生活にもレビュー・批評・感想があります。
blogランキングはこちらです

原題:Wicker Park
監督:ポール・マクギガン
脚本:ブランドン・ボイス
音楽:クリフ・マルティネス
出演:ジョシュ・ハートネット、ローズ・バーン、マシュー・リラード、ダイアン・クルーガー
製作年度:2004年
製作国:アメリカ
上映時間:116分

映画『ホワイト・ライズ』のサウンドトラックやDVD、書籍のご案内

ホワイト・ライズ DVD
ジョシュ・ハートネット ローズ・バーン マシュー・リラード
ホワイト・ライズ  DVD

ホワイト・ライズ ノベライズ
ブランドン・ボイス
ホワイト・ライズ

Wicker Park [Original Soundtrack]
Original Soundtrack
Wicker Park [Original Soundtrack]

ホワイト・ライズ サウンドトラック
サントラ
ホワイト・ライズ  サウンドトラック

By NOV at 2005年04月27日 11:16
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://eversmile.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/5

コメント
コメントしてください




保存しますか?