2006年12月10日

映画『エコール』

きっと幼いころ、自分自身はどこからやって来てどこへ行くん だろうと思ったり、少し先の未来に対して憧れとか 恐れを抱いたりしたんだろう。

大人となった今、幼いころのそんな思いの記憶は、記憶領域の 隅っこに追いやられ、普段は決して思い出すこともない。 この映画『エコール』はそんな記憶を呼び起こし、子どもだったころの世界へと誘う。

出演の少女たちは映画経験のない素人たちだそうで、ダンスの先生役にはマリオン・コティヤール 、生物の先生役にはエレーヌ・ドゥ・フジュロールの2人の女優が起用されている。


ある朝、棺に入った6歳の少女イリスはエコール(学校)へやって来 た。そこは周りを壁で覆われた閉じた森の中の学校の寮の一室。

彼女が何処から来たのか、何故森の中のエコールへ来たの かわからない。ただ、彼女は新入生としてごく自然に受け入れ られる。イリスは、はじめは学校に来る前の世界へ戻ろうと願うが 次第にそれは忘れていくようだ。

そこでは、無邪気な6歳から12歳の少女たちが7人のグループで寮生活をし、 昼間は森の中の学校では、生物やバレエの授業を受ける。


世界の全てがその学校の世界で完結しているみたいだ。 森の中で暮らす少女達は無邪気に可愛らしく生活する。 不思議で、どこか不気味で、奇妙。そんな印象を受ける。

でも、実は今自分達が住んでいる世界と本当はそれほど変わらないのでは。 ましてや小学校時代は多かれ少なかれ少女たちが感じたりしたものと かなり似通っていた気がする。少女たちの無垢な可愛らしさは少なかったかもしれないけれど。


エコール
ゾエ・オークレール フランク・ヴェデキン ルシール・アザリロヴィック
エコール
By NOV at 12:20 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2005年07月16日

映画『皇帝ペンギン』

まもなく公開の『皇帝ペンギン』。楽しみにしている人、多いのではないでしょうか。私もそんな楽しみにしている一人です。前売り券も購入し、携帯クリーナー「ペン太」もゲットしてしまいました。

2005年7月15日の日本経済新聞朝刊の最終項にはリュック・ジャケ監督自身の記事があった。当時研究者を目指していた監督の南極との出会いや『皇帝ペンギン』撮影の時のことが語られている。特に皇帝ペンギンの産卵場面をフィルムに収められなかったことを残念に思っていると言っていたのが印象的。

マイナス40℃の一面氷の世界。そんな凍てつく寒さの中で、皇帝ペンギンが群れを成し生きている。予告編を見ただけなのに、そのような奇跡的とも思える生命の逞しさに身の引き締まるような感動を覚えずにはいられない。
『皇帝ペンギン』予告編(wmp):512Kbps1000kbps

2005年1月、フランスで公開されると、またたく間に『WATARIDORI』『ディープ・ブルー』の10倍以上の大ヒットを記録したというこの南極での物語。撮影は、リュック・ジャケ監督とたった3人の仲間で8880時間の時間をかけて行なわれたそうである。

この映画は、まるで一組の皇帝ペンギンの夫妻を追いかけたかのような物語仕立てのドキュメント。120日間何も食べずに卵を温め守る父ペンギンと産卵で体重の1/5を減らしてまでもヒナのため命がけでエサをとりに100km先の海へと旅立つ母ペンギンをメインに、極寒の南極で逞しく生きるペンギンや親子の愛、愛らしいヒナがフィルムに収められている。

劇場公開は7月23日から全国拡大公開。なお、恵比寿ガーデンシネマではもう既に公開中。吹替版では、大沢たかおが父ペンギン、石田ひかりが母ペンギン、神木隆之介が子ペンギン、また、字幕版では、ロマーヌ・ボーランジェが母ペンギン、シャルル・ベルリングが父ペンギン、ジュール・シトリュックが子ペンギンの心の声を語る。吹替版が主に全国で公開され、字幕版の公開は、東京、大阪、神戸、広島と福岡の5都市に限定されている(詳しくはコチラ)。ペンギンたちに会える夏、もうすぐです。

7月24日に吹替版の『皇帝ペンギン』を鑑賞しました。生命体には非常に厳しい氷の大地で暮らす皇帝ペンギンたちのライフサイクルを追ったドキュメンタリーでした。

海から弾丸のように飛び出し白い大地に着地する。よちよち歩きで行進したり、腹ばいになりソリみたいに滑りながらペンギンたちは前進する。そんな皇帝ペンギンたちの姿が愛らしい。

皇帝ペンギンたちが目指す場所は彼らの生誕の地、氷山に囲まれたオアモックと呼ばれるところだ。彼らは繁殖のために100キロ以上も行進してその土地へたどり着くのだ。

この映画はかわいらしいペンギンの姿だけではなく、過酷な自然の厳しさも伝える。群れから逸れたペンギンの運命、抱卵できずに避けてしまった卵、外敵の襲来など、厳しい自然の掟を目の当たりにする。

世界一厳しいとも言われる皇帝ペンギンの子育ては、私の想像を遥かに超えて厳しい。母ペンギンは産卵後、卵を父ペンギンに渡しエサを海へ出発する。その後2カ月ほど父ペンギンは何も食べずにずっと抱卵する。どんなに吹雪がすさまじくても必死に卵を孵(かえ)すためオスは卵を守り抜くのだ。

過酷な抱卵が終わり、かわいらしいヒナが孵っても、母ペンギンが戻ってくるまで父ペンギンはヒナを守らねばならない。悲しいことに厳しい南極の自然の犠牲になってしまうヒナもいる。母ペンギンが戻ってくると今度は父ペンギンが海を目指す。海で父ペンギンはエサを食べてから戻る。

少しばかり成長したやんちゃな子ペンギンは元気に歩き回る。大自然の厳しさと子ペンギンたちのかわいらしさが非常に際立っているように思えた。やがて子ペンギンは子ペンギンたちで生きていく。母ペンギンや父ペンギンもそれぞれ海を目指し別の道を歩くのだ。そして、再びオアモックを目指していく。

擬人化したペンギンたちのナレーションは押し付けがましく感じないわけでもなかったけれど、8880時間も撮影したフィルムを凝縮しただけあって映像は実に素晴らしいものであった。個人的には海中で空を飛ぶかのごとく自由に泳ぐペンギンが気に入っている。繁殖地を旅立つ母ペンギンを追い駆ける子ペンギンの姿がかわいらしくもあり、また切ないものでした。

参考サイト:『皇帝ペンギン』公式サイト
blogランキングへ

原題:LA MARCHE DE L' EMPEREUR
監督:リュック・ジャケ
脚本:リュック・ジャケ、ミシェル・フェスレール
音楽:エミリー・シモン
声の出演:ロマーヌ・ボーランジェ、シャルル・ベルリング、ジュール・シトリュク
製作年度:2005年
製作国:フランス
上映時間:86分


映画『皇帝ペンギン』の関連グッズはこちら

皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-
リュック・ジャケ 岡田 好恵
かわいいペンギンたちの姿が満載のオフィシャルガイドブック。ソフトバンクパブリッシングより好評発売中。
皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-

皇帝ペンギン サウンドトラック
エミリー・シモン
アルバム収録曲
(1)凍った世界 (2)南極 (3)たいせつなタマゴ (4)海の詩 (5)赤ちゃんペンギン (6)襲いくる鳥達 (7)南のオーロラ (8)海豹 (9)嵐の詩 (10)母の苦しみ (11)氷上のダンサー (12)すべて真っ白 (13)冒険 (14)雪の足跡 (15)アイス・ガール
皇帝ペンギン


By NOV at 14:03 | Comments [2] | Trackbacks [7]

2005年05月20日

映画『コーラス』のサウンドトラック

映画『コーラス』のオリジナルサウンドトラックを購入しました。国内盤、輸入盤どちらにしようか迷いましたが国内盤を買いました。
映画『コーラス』は2回劇場で観たお気に入り映画です。映画について詳しくは、内部リンク映画『コーラス』をご参照ください。

『コーラス』サウンドトラックのタイトルリスト

Les Choristes コーラス
Christophe Barratier Bruno Coulais Jean-Philippe Rameau Deyan Pavlov
コーラス
1. Les Choristes コーラス
2. In Memoriam 亡き人への想い
3. L'Arrivée A L'Ecole 寄宿舎への到着
4. Pépinot ペピノ
5. Vois sur ton Chemin 途中でみてごらん
6. Les Partitions 楽譜
7. Caresse Sur L'Océan 海への想い
8. Lueur D'Eté 夏の光
9. Cerf-Volant 凧
10. Sous la Pluie 雨の中を
11. Compère Guilleri 相棒ギエリ
12. La Désillusion 失望
13. La Nuit 夜
14. L'Incendie
15. L'Evocation
16. Les Avions en Papier
17. Action Réaction アクション-リアクション
18. Seuls 自分たちだけで
19. Morhange モランジュ
20. In Memoriam A Cappella 亡き人への想い(アカペラ)
21. Nous sommes de Fond de l'Etang 僕たちは池の底の住人

あまりそれほどサウンドトラックを買うことがない私ですが、『コーラス』はぜひ欲しかったサウンドトラックの一枚です。この一枚であのジャン=バティスト・モニエ君のワンダフルで美しいな歌声がもう一度聴けました。サン・マルク少年少女合唱団が歌う歌や曲が収録されています。

日本盤だとボーナストラックなんかがよくあったりするのですが、この『コーラス』のサウンドトラックには残念ながらボーナストラックはないのです。また、US盤にはなくておそらく日本盤にしかないものとして、歌詞の翻訳、映画のセリフの一部(合唱パート分けシーン他)の翻訳、7番目のトラック、Caresse Sur L'Océan 海への想いの楽譜の抜粋があります。

『コーラス』のサウンドトラックを聴くと、先生と子どもたちの名場面が鮮やかに脳内によみがえりました。とても素晴らしいサウンドトラックですが、映画のはじめの場面でジャック・ペランが指揮をしていたあの音楽が入っていなかったのは残念です。心の疲れを感じた時に聴きたい―そんなサウンドトラックです。

By NOV at 17:57 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2005年04月11日

映画『コーラス』

『コーラス』公式サイト
『コーラス』を上映している映画館は?
『コーラス』ジャン=バティスト・モニエ少年独占インタビュー - FLiXムービーサイト

コーラスフランスで『アメリ』の観客動員数を塗り替え870万人以上を動員というもの凄い記録を打ち立てた感動作『コーラス』。サウンドトラックも何百万枚も売れに売れているとか。『ニュー・シネマ・パラダイス』のジャック・ペランが製作・出演していることも多くの方がご存知と思います。さらにジャック・ペランの愛息子マクサンスもペピノ役で出演。親子で映画出演できるとはうらやましい限りです。また、ジャック・ペランの甥、クリストフ・バラティエが監督をしています。『コーラス』は先週の土曜日より公開されましたが、期待している方もたくさんいらっしゃることでしょう。

世界的な指揮者ピエール・モランジュ(ジャック・ペラン)は母親の訃報を聞き故郷のフランスへ帰る。故郷へ戻ったピエールは50年ぶりに幼き時代を共に過ごした友人ペピノ(ディディエ・フラマン)と出会う。ペピノは一冊の日記をピエールに手渡す。その日記は音楽教師、クレマン・マチュー(ジェラール・ジュニョ)の形見だった。幼き日々の記憶がマチュー先生の日記を読むピエールの脳裏に蘇る。
フランスの田舎町にある「池の底」寄宿舎という名の寄宿学校に音楽教師のクレマン・マチューは舎監として赴任する。親を戦争で失った子や、素行に問題があるとみなされた子らがそれぞれの事情を抱えて寄宿舎での日々を過ごしていた。マチューは赴任早々さまざまなトラブルに遭遇する。マチューは校長(フランソワ・ベルレアン)の教育方針には疑問を感じていた。マチューはコーラス団を組み合唱の練習をスタートする。そして、ある日マチューは素晴らしい歌声を耳にする。それは学校で一番の問題児と言われていたピエール・モランジュ(ジャン=バティスト・モニエ)の歌声だった。

フランスで観客動員記録更新にも納得の作品。そしてさわやかな涙がこぼれそうになります。多くの人に「ぜひぜひ観てよ」と言いたくなりました。とにかく心に響きます。感動します。大満足でした。泣いてしまう人もいっぱいいるでしょう。少し感情的になってしまいましたが、この映画を観た人なら私の気持ちわかって頂けると確信しています。

ストーリーそのものはかなりシンプルです。特に奇をてらうことなくよどみなくストーリーは展開していきます。フランス映画によくあるわかりにくいところや理解不能なものはほとんどありません。本当にフランス映画だろうかと思うほど多くの人に受け入れられそうな仕上がりです。よくある手法ですが、過去を回想するシーンで映画の本編は始まります。この映画『コーラス』の力のひとつはやはり作品中のコーラスそのものにあると思います。このコーラスは「サン・マルク少年少女合唱団」のものです。また映画には実際に「サン・マルク少年少女合唱団」のソリスト、ジャン=バティスト・モニエが出演しています。少年たちのコーラスの歌声を聴けば、ピュアで一点の曇りも無いさわやかな感覚になってしまいます。そう感じずにはいられない歌声です。コーラスを聴いてそんなふうに思ったのは初めてのような気がします。

マチュー先生と子どもたちの距離感が次第に変化していくところが印象的です。はじめはかたくなで心を閉ざした少年たちでしたが、コーラスにやりがいを感じると次第にマチュー先生に心を開いていきます。子どもたちの様子も変わると周りの先生たちの様子も変わっていきます。作品中で歌われるコーラスはまさに子どもの心そのものです。途中で札付きの不良役のモンダン(グレゴリー・ガティニョール)が登場しますが、モンダン役の少年の演技はかなり迫真なものがあると感じました。それもそのはず、彼は実際に青少年更生施設に入所している少年だそうで、監督は少年の担当判事の反対を押し切って少年を出演させたそうです。

映画のラストでは素晴らしい感動がこみ上げてきます。子ども一人一人に対するとても温かいマチュー先生の眼差しを感じました。どんな場面かはここでは書きませんが作品をまだ観てないみなさんにはじっくりと味わってもらいたいです。実は私はここで少し涙がこぼれました。

映画『コーラス』では、両極端な教育スタイルが描かれています。校長の教育方針とマチュー先生の教育方針です。校長先生のそれはもはや教育とは呼べない印象すらありましたが、そうせざるを得ない状況だったのでしょうか。教育関係者や子を持つ親たちはもちろんですが多くの人々にとって大変興味深い内容です。教育関係者の方々にとっては、私が感じるようなこととはまた別の深いものを感じるのではないでしょうか。ところで「池の底」寄宿舎ってなかなか変わった名前ですね。日本だとありえない名称だと思いました。映画を観られたみなさん、いかがでしたか。よろしければコメント、トラックバックぜひ残していってください。(2005年4月9日シネツイン1で鑑賞♪)

ここから先はネタバレがあります。

最後は寄宿舎が火事になる展開でしたが、誰が放火したかあからさまでしたね。冤罪で寄宿舎を追い出された少年モンダンが放火したみたいでしたが、私はもう少し誰がしたんだろうなと観客に思わせたままでも良かったと思うのです。みんな寄宿舎の子どもたちはみんな外出していたから、比較的容易に犯人の想像がつくと思います。ちょっとお節介なワンシーンに私には感じられました。

紙飛行機いっぱいのラストシーンはやられました。子どもたちとマチュー先生の温かい心のつながりが具体的に表れたシーンです。感情にダイレクトに訴える力が最も強いシーンでした。教育の仕事をする者として当たり前なのかもしれませんが、紙飛行機に書かれた文字をみて子どもたちの名前がすぐにわかるマチュー先生がとても素敵でしたね。

コーラス@映画生活にもレビュー・批評・感想があります。
blogランキングへ

原題:Les Choristes
監督:クリストフ・バラティエ
脚本:クリストフ・バラティエ、フィリップ・ロペス=キュルヴァル
音楽:ブリュノ・クーレ、クリストフ・バラティエ
出演:ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、ジャック・ペラン、マリー・ブネル
製作年度:2004年
製作国:フランス
上映時間:97分

オススメ!!映画『コーラス』のサウンドトラックのご案内

コーラス サウンドトラック(サントラ)
コーラス サウンドトラック(サントラ)
サン・マルク少年少女合唱団の歌う天使の歌声。買って手元に置いておきたい一枚です。(国内盤)

Les Choristes [Original Soundtrack]
Les Choristes [Original Soundtrack]
こちらは輸入盤(US)のサウンドトラックです。国内盤よりもお求め安い価格になっています。リンク先で試聴もできますよ♪

By NOV at 20:18 | Comments [0] | Trackbacks [1]

2004年12月26日

映画『ベルヴィル・ランデブー』

『ベルヴィル・ランデブー』公式サイト
『ベルヴィル・ランデブー』を上映している映画館は?

ストーリー
一人ぼっちで内気な孫のシャンピニオンが幼いころ、おばあちゃんは三輪車を買ってあげる。やがて、おばあちゃんはシャンピニオンをツール・ド・フランスの選手にまで育てあげる。ところが、シャンピニオンがツール・ド・フランスのレースに参加中力尽きてしまう。そこへフレンチマフィアが現れるのだが……。

レビュー
こんなシュールなアニメーション映画はこれまで見たこと無い。まずキャラクターが超現実的で、キモチ悪さが漂いつつもついつい見入ってしまう妙味がある。おばあちゃん、孫のシャンピオン、三つ子のシンガー老婆、犬のブルーノそれにフレンチマフィアなどみんなみんないい意味で変なキャラクターばかり。船も緊張感漂うあり得ないカタチをしている。

おばあちゃんの行動力がとってもこれまたシュールでタフだ。三つ子の老婆たちもいい味出していた。音楽もリズミカルでこの映画によく溶け込み馴染んでいる。

この映画の大きな特徴はセリフがほとんどない。あってもそれはニュースのセリフだったり、ツール・ド・フランスの実況だったりする。人と人の会話はほとんどない。そのことがこの作品の奥行き深さに貢献している。

セリフが無くても意外と意味は伝わるのだなあと感心してしまう。事件が発生するまでは結構だらだらとした展開だが、おばあちゃんの孫救出劇が始まる頃から話にしまりが出てくる。

一部に手塚治虫の画風のキャラクターがあったと思うのだが、そう思っている人は私だけではないと思う。そのキャラクターデザインが意図的なものなのかどうか気になるところだ。

ところでこの映画の邦題は『ベルヴィル・ランデブー』だが原題は" Les Triplettes de Belleville "となっており。原題からだとこの映画の主役はもしかしてあの三つ子の老婆たちなのかもしれない。

シュールという言葉ばかり持ち出してくどかったが本当にそうとしか言いようがない。このシュールなフレンチアニメーションが少しでも気になったら、今のうちにぜひ劇場で『ベルヴィル・ランデブー』を体験してもらいたい。実に味わい深い奥行きのある作品だった。そして、エンドロールは最後まで見ていよう……最後のオチがあるので。(2004年12月26日サロンシネマにて鑑賞)

こちらにも『ベルヴィル・ランデブー』のレビュー・批評・感想があります。
風花
secret*cafe
ライオンは起きているか
シネマの缶詰
生きてるだけで儲けもの☆
ベルヴィル・ランデブー@映画生活

原題:Les Triplettes de Belleville
監督:シルヴァン・ショメ
脚本:シルヴァン・ショメ
音楽:ブノワ・シャレスト
声の出演:ジャン=クロード・ドンダ、ミシェル・ロバン、モニカ・ヴィエガ
製作:2002年、フランス/ベルギー/カナダ


『ベルヴィル・ランデブー』のサウンドトラック(サントラ)
劇場ではかなりサントラは売れていました。日本発売のサントラはCCCD(コピーコントロールCDしかないのが痛いですね。輸入版のほうがいいかもしれません。)

ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック(CCCD)

Triplets of Belleville(輸入版)試聴可!
Triplets of Belleville


『ベルヴィル・ランデブー』のDVD

ベルヴィル・ランデブー / エディシオン・コレクトール (初回限定生産)
シルヴァン・ショメ
ベルヴィル・ランデブー / エディシオン・コレクトール (初回限定生産)
初回限定生産の特別版DVDです。

ベルヴィル・ランデブー
シルヴァン・ショメ
ベルヴィル・ランデブー


By NOV at 23:58 | Comments [0] | Trackbacks [2]